2003年9月アーカイブ

加地亮

| | コメント(1)

日本代表発表。東京から加地が選ばれてしまった。
密かに加地マニアである俺にとっては物凄くニヤけてしまった。山田は嫌いなので、レギュラー取っちゃえとも思う。だけどそうなったらワールドカップ予選の右サイドバックを加地でいくのか・・・それはかなり恐いものがある。

恒例の「もし明日試合があるとしたら・・」は、楢崎・加地・松田・中澤・三浦淳・稲本・小野・中田・中村・高原・柳沢。そうですか、前の方は全部ヨーロッパ組ね、と見てたら・・

えっ!加地くんスタメン!?東京初のA代表出場は土肥でも石川でもなく加地になる可能性大。
感慨深すぎる・・・


ミスしてもいい。ガンガン無駄に走れ。前のポジションにいるのは中田英寿だ。
アピールはジーコにではなく、中田にするのだ。

iPod復活

| | コメント(0)

[内蔵バッテリ交換サービス]。火曜日に送ったiPodが返却されてきた。2年近く使いまくったせいで、バッテリが全然もたなくなってたのが、復活した。高いと言えば高いけど、他にないんだからしょーがない。実際にくるくる回るホイールも気に入ってるから新しいのを買うのもナンだし。

リスタート

| | コメント(0)

金曜。ビール。焼肉。ラーメン。
土曜。ビール。焼酎。おやつはカール。タルト。その他もろもろ。
今日はなんとか禁酒。でもケンタッキーフライドチキン。

最近完全にサボってるな。
体重計はきっちりと危険な数字を表示しはじめた。

京都1−1東京

| | コメント(3)

土曜日。東中野の某宅でデカいテレビで観戦。うちのテレビは14型。大画面はいいなあ、細かいプレーもよく見える、と思いつつ、その中で展開されたのは実に寂しいゲーム。京都は天皇杯チャンピオンの面影もなく勝ち点を狙い、東京は勤勉なる終戦へ向かっているように見えてならない。でもリーグは引き分けだらけで、どっかで流れがやってくるかもしれないと思ったりして。酒をいっぱい飲んで帰宅した。大量の某ビデオテープを入手。

続・治癒31歳

| | コメント(13)

せっかくかさぶたが出来て、完治まで後少しだったひざの傷。

今日フットサルをして、ひざをついた際に思いっきりズルッとかさぶたが取れた。流血。
あーあ。また時間かかるんだろうなあ。

更に。
フットサル中、大量に水分補給したら、帰宅してからお腹を下した。

生きていくのは大変だ、と思いつつふける秋の夜。

三線

| | コメント(3)

サンシンプレイヤーサン吉くん。かわいらしいソフトですな。テーゲー(適当)演奏でゆったりバックグラウンドで鳴らしながらマックに向かうといい感じ。

沖縄三線がちょっと欲しかったりするんですけど。

Don't sing, so Loud...vol.3

| | コメント(0)

磐田戦の後、直行バスで新宿へ。新宿JAMで『Don't sing, so Loud...vol.3』

こぐまCDにも参加してくれたPUNKCHILL,RODEO STAR。そしてWitchesさんとThe BackPagesさんという出演。昼間のユーウツを忘れて楽しむ。音を出す、音に包まれる心地よさ。いいねえライブ。俺もやりたくなってきたなあ。痩せてきたことだし。そしてこぐまCDも少し売れたし、終演後はなぜか打ち上げを率先して提案。まあ飲みたかったのよ。来てくれた方ありがとう。出た人みなさんお疲れさまでした。

その後、飲み足りない豪傑2名と中野で深夜3時まで酒を飲んだ。
べろんべろんに酔っぱらう。途中で何言ってるか自分でも支離滅裂なのが自覚できた。

そのまま少し寝て、今日は普通に仕事。きもちわりー一日だった。

東京1−2磐田

| | コメント(0)

昨日の試合。悔しいのであまり思い出したくはないが、きっとラストの15分の惨状があまりにも印象深くてそう思うだけで、全体としてはそう悲観ばかりする程のこともないのだろう。1点目は実に美しいゴールだったし。

オシムがやった、守備を減らして、FW投入大作戦。どうやらヒロミ的には流行の兆しであるが、昨日みたいになっちゃうのは大変なんで、どうせならそのあたりのバランスの取り方も教えてもらえると助かるんですけど>オシムさん。

2枚同時発売の「実況の夜」と「アプローチ」を買う。ラジオ短波でのスタジオライブと、1時間以上に及ぶインスト集。スタジオライブの方は更新係経由で放送時のカセットテープを借りていたので、聴くのは初めてではなかったが、やはりよい。「アプローチ」もすごい。これはかっこいい。

ギターを持って、夜ポロンポロンと弾いてみたら、なんとなく切なくなってきてしまった。

そうそう、明日は新宿JAMで『Don't sing, so Loud...vol.3』ですよ。味の素スタジアムから試合後に行きますよ。首を洗って待っていやがれ。

アダプテーション

| | コメント(0)

せっかく休みをとったので渋谷で「アダプテーション」を見た。

急に寒くなったせいか、見てる途中で鼻がぐずぐずしはじめる。風邪ひいたらしい。
映画の方は体調のせいか、それとも期待しすぎたのか、はたまたプロットを事前に知り過ぎていたせいか、どうも入り込めず、結局最後までなじめないまま終わった。ニコラス・ケイジにエロ妄想するシーン以外共感出来るところが全くないのが原因かしらん。「書けない」ならそれで終わりだと思うんだよな。結局最初から「適応」することにある程度の答の出ている人が、その過程を上手くパッケージにしてて、その「上手さ」を洗練されていてよいと思うか、僕のようにつまらんと感じるかの違いなのだろう。それともこれだけ内向的なテーマを、結構な予算使って映画にしていることへの嫉妬みたいなもんだろうか。

「リード・マイ・リップス」見たいな。面白そう。

仙台2−2東京

| | コメント(0)

土曜日は仙台まで日帰りで行ってきた。
朝6時に起きて、車で東北道を北へ。(「ウルトラ警備隊、西へ」ってセブンだっけ?)

初めての仙台。大きな街でびっくりした。
お約束で牛タンをたっぷり食って、スタジアムへ。
サッカー専用で素晴らしくバランスの良いスタジアム。
黄色に埋まったスタジアムの中、自由席南の一番上で観戦。

仙台の気迫は物凄くて、前半からスライディングタックルや鬼のようなチェイスの嵐。
だけど東京もいやらしくそれを流して、ケリ−のヘッドで先制。
後半もやはりものすごい気合いにやられつつ、ついに根負けというか土肥がポロったところを決められて同点。そして岩本輝雄の美しいループで逆転。スタジアム中にあふれる一体感と熱気。

負けを覚悟した。
だけど東京は終了間際にルーキー近藤のゴールで引分け。

先週とはまた違った味わいの2-2の引分けだった。
岩本テルは同い歳ということもあってか、妙に気になる選手で、時折見せる爆発的な能力と、
普段のちんたらしたプレーが面白いと思ってたんだけど、昨日はずっと頑張ってた。いや、昨日は岩本含め仙台の全員が素晴らしく気持ちの入ったプレーをしていた。降格しようがしまいが、あんなチームとスタジアムだったら、仙台の人たちはサッカーを日常の友とし続けるだろう。そして選手たちも常にひたむきなプレー続けるだろう。「続いていくこと」にはそれ自体に面白さがある。

サッカーは面白い、と改めて思った旅だった。
レベル云々も大事な要素だけど、気持ちと気持ちがぶつかりあうスタジアムという現場には、テレビやメディアの伝えることの出来ない熱がある。仙台で頑張る小峯は輝いてた。元気な姿を見て嬉しかった。サンキュー。

| | コメント(0)

雨の一日。
ぼーっとして過ごした。
夕方まで寝てて、新宿に出かけてタワレコでCD買って、
その後西口で酒飲んで、明日も休み(そう、4連休なのだ)なので、
帰宅後も一人で酒飲んだりして。

低気圧が来ると、体調が悪くなる。
酒とかダイエットとかサッカーとか映画とか音楽とか、
全部好きなことで時間を潰してるわけだが時間とはそもそも潰すもんなのか?
と思ったりして。・・・とメランコリックな気分に浸るのも好きでやってるんだろうな。

座頭市

| | コメント(0)

北野武の[座頭市]を見に行った。

数年前のBROTHERって映画が最悪で、去年のDollsに至っては予告だけで嫌になってしまって、劇場に行く気も起きなかった。まあそれだけ北野武には期待もあったということ。(「ソナチネ」なんて3週間で打ち切りだったのに2回も見に行った)

で、どうだったかというと、すげえ面白かった。賞狙いで時代劇なのかと思ったけど、失礼しました。時代劇のお約束、紋切型が持っているわかりやすさと、それをひっくり返す企みが上手くミックスされていて面白い。北野映画には珍しいギミックもあるし、北野映画おなじみの弛緩してるようで緊張してるようなリズムもある。役者・ビートたけしも勝新とは全然違う市になってるし、血は激しく飛ぶし、殺陣は拳銃の打ち合いのようなリズムだし、タップも良いし、音楽は久石譲じゃなくて、鈴木慶一(!)だし、まあ監督も楽しんだだろうことが伝わってくる映画だった。

ん?なんかベタ誉めすぎか。でも最近オリジナルの座頭市ばかり見てたから、こういう旧作への愛にあふれつつ、しかも新しいものになってるリメイクというは難しいし、やりとげたのはエライと思うのです、素直に。

DVD購入予定

| | コメント(0)

未来世紀ブラジル。絶対買う。
cover

lotr 二つの塔。死んでも買う。
cover

風の谷のナウシカ。買うのか?>俺。
cover

[銃を抱えるパレスチナ少年]。サポティスタに貼ってあったリンクより。

これは確かに「ベルマーレ平塚」のユニフォームですな。うん。

Uncle Jam Wants You

| | コメント(0)

[ネットがもたらすプロフェッショナルへの新しい道]。こういう話って、一歩間違うと単なるネット万能信仰を生むんだけど、よく整理されてる。

さらにもうちょっと議論を広げて「コンピュータ」ってことで言えば、現代はとっくに「楽器が弾けないミュージシャン」や、「筆で描けない画家」が成り立ってる。でもこれって、別にコンピュータに限った話じゃないんだと思う。人類がテクノロジーと出会った瞬間から(それは石斧だったかもしれない)、ずーっと発生しつづけてる事象なんだと思う。殴り合いの戦闘能力のあるやつより、武器を作る能力のあるヤツの方が勝ったりして、連綿と続いてきたのだ。[火縄銃がもたらす戦国時代プロフェッショナルへの新しい道]ってblogが16世紀に書かれていたかもしれない。

技術とそれを使いこなす能力を競い合う時代の追いかけっこ。

話はそれるけど、AKAIって最近「青赤」が好きなのかね。[MPC1000]かっこいいなあ。

韓国2−1日本

| | コメント(0)

BGMは桃井かおりの歌う「モニカ」(吉川晃司)。マシューのテレビに出演中。
いいなあ、桃井かおり。更新係がことあるごとに桃井好きを公言しているのだが、少し分かってきたぞ。

日韓戦を録画で見る。お、茂庭、徳永が先発じゃん、と思ってたらあっという間にコーナーから2失点。コンディション含めてフィジカルで圧倒的な韓国。日本は高松が入るまで誰も前でキープ出来ず。まあいいんじゃないの、石川のアシストもあったし、と妙に楽観的。4年前のチームとどうしても比較して考えてしまうけど、あのチームには中田がいたしなあ、それは大きすぎる違いだと思う。

ズデンコ

| | コメント(0)

今週末は仙台に行く予定なのだが[清水監督解任/後任はベルデニック]というニュース入ってきた。そうか、やむなしって感じなんだろうし、後任もまあパターン(外国人で且つ日本で実績のある人)ではある。でも今度の土曜日はまだベルデニックじゃないよな?

ズデンコ・ベルデニックはフリューゲルスのコーチ時代、加茂周にゾーンプレスを伝授した人。加茂周と言えば、1997年ワールドカップアジア最終予選、韓国戦の呂比須OUT、秋田INの采配が記憶に残る(1-0から逆転負け)。ああ、思い出すなあ、散々世間は(俺含め)結果論で采配批判してたよなあ。守備的になったから負けたって。でもきっとそんな単純なもんじゃなかったんだろう、と今にして思う。

先日のハラヒロミの石川OUT、藤山INも、いつかそんな風に思い出すのか?
そう思うとなんとなく楽しい。

治癒31歳

| | コメント(3)

土曜日にフットサルやって、キーパーをやったときに膝を擦りむいた。大きめのギターピックくらいの擦り傷で、深い傷ではなくて、特に気にしてなかった。マキロン塗って、放っときゃ直るかと思ったら、今日になってもグジグジした感じだし、膝の曲げ伸ばしで痛い。これが歳ということか。自然治癒の時間が確実に長くなってる。いや、今の治癒能力が低くなったのではなくて、子供の頃が異常だったと考えるべきか。擦り傷なんてあっという間にかさぶたになったもんなあ。

昨日は恵比寿で、今日は有楽町で酒飲んでた。体重計には乗らない。

ああ明日から仕事ですか、そうですか。

東京2−2市原

| | コメント(0)

いやあ、面白い試合だった。
追い付かれたことを除いては。

もし自分がどちらのチームのファンでもなくて、
純粋にサッカーを見にスタジアムに行っていたら、非常に両チームともに意図のある動きをすることや、監督の明確な意志表示、それがゲームに及ぼす影響やその他色々。内容の濃いゲームだったように思う。

市原は先週も思ったけど、とてもいいサッカーをしている。
東京も成長を続けてるのはよく分かる。分かるんだけど、ブレイクスルーの時期はいつなんだろう。

藤山が入ったときは右サイドバックにして、加地をMFにあげるのかと思ったら、なんと藤山がジャーン、茂庭の後ろでスイーパー。それでも攻められつつ結構速攻出来てたから、おお、こんなのも出来るんだ、と感心していたらPK。そして悪夢の同点ゴール。
どちらのチームにもいわゆる「勝者のメンタリティ」はないけど、面白いサッカーには違いない。

2点をリードしつつ、追い付かれる展開というのはとてもやりきれないもんで。
悔しいには違いないけど、次のことを考えるしかないんだろうな。

くそ。
Microsoftのクソ野郎。
気持ちよく帰ろうとしていた矢先に俺のThinkPadが・・・(詳しく書いてもしゃーないので省略)
まあ自分のミス(Windowsを信用し過ぎた)なんだけど、凹みまくって帰宅。

コンピュータのせいで、楽しみも、そしてストレスも増加してる。
飯の種にもなってるわけだから諦めもするが。
時々、一歩間違えば俺はパソコン大嫌いな人間になってたかもしれんと思う。
そう思うとひどく不思議な感じがする。

昨日は911から2年。世界では毎日誰かが死に、誰かが生き延びてる。
今日もテレビの中では座頭市が人を斬りまくっている。
僕らは今も、いろんな形での9月11日の中を生きてるんだと思う。

座頭市

| | コメント(2)

衛星劇場で「座頭市」を毎日やってる。全18作一挙放送。
第1作しかまだ見てないけど、オモロイ。勝新かっこいいわ、確かに。
毎日録画してる。全部見るのはいつになるやら、だけど。
1962年から68年の短期間でこんだけの作品が撮られてる。そういう時代だったということか。
しかしラストが「座頭市喧嘩太鼓」って素晴らしいタイトルやね。

以下、タイトルをコピペ。

座頭市物語
続・座頭市物語
新・座頭市物語
座頭市兇状旅
座頭市喧嘩旅
座頭市千両首
座頭市あばれ 凧
座頭市血笑旅
座頭市関所破り
座頭市二段斬り
座頭市逆手斬り
座頭市地獄旅
座頭市の歌が聞える
座頭市海を渡る
座頭市鉄火旅
座頭市血煙り街道
座頭市果し状
座頭市喧嘩太鼓

ふう

| | コメント(0)

仕事は今日(正確にはもう昨日か)ひとくぎり。
しかし一息つく訳にもいかず、これからしばらくはアフターケアの日々。
妙な緊張感が続く。

家に帰って録画でセネガル戦。

ポジティブなことを言うとすれば、セネガルと試合するのっていいねえ。
いいトレーニングになる気がする。セネガルに比べりゃ中東勢なんて、と思えればいいだろうけど。
今の僕は代表に対して全然気持ちが入らないのだけど、予選が始まったら変わるんだろうか?

火星大接近

| | コメント(0)

家に帰る途中、空を見上げたら、曇った夜空に月、その隣に火星。
ああ、詩人だったらここで何か言葉が出てくるのだろうけど。

ビデオテープレコーダーがぶっ壊れた。
まだDVDに焼く作業が終わってないVHSテープが100本はあるってのに。
悔しいけど買うしかないか。

[iPodの40Gモデル発表]。僕の持ってる最初期モデル(5G)は2年近くフル稼動させた結果、バッテリーがへたってきた。交換するの結構なお金かかるんだよな・・だけど新品買うってのもな・・・などと逡巡してると物欲無限地獄ループへ。

[ZDNN:っぽいかもしれない:気持ちに±0]の記事。
所詮いつかは壊れたりする家電類。僕はやたらとデザイン重視で豪華なのも、実用性オンリーでカッコ悪いのも嫌だし・・という消去法的思考で無印家電地獄にハマった訳だが、このブランドもその路線にマッチしてるような気もする。欲しくなるかは値段次第かな。記事の2ページ目にある加湿器とかA4ライトとかが気になる。

市原2−3鹿島@国立

| | コメント(0)

休日出勤。つまんねー。

やれやれと職場を出ると6時前。雨も降ってないし、大分−東京は家帰っても見られないし、行きますか、ってな感じで国立へ向かった。とりあえず市原側で観戦。

市原は「よいサッカー」はしてるけどやっぱり獰猛さが今一つ。カウンターにも不安定。
でも阿部のフリーキックはものすごかった。平瀬のゴールもなかなかのもん。
せっかく相馬退場&PKで追い付いたのに、あっけなくフリーキックからやられてジ・エンドとは。
鹿島はカウンターならカウンター、ゲームを殺すなら殺す、と徹底して現実主義的。
大人のチームにやられたって感じか。でも市原の羽生とかサンドロの運動量は凄かったなあ。

来週は東京と対戦。チェの退場はラッキーととるべきなのか微妙。

で東京は・・・引分けですか。。勝てば単独2位だったのにねえ。


4872337727.09.LZZZZZZZ.jpg

うわっ!と思い慌てて買った。
読んだら読書感想文を書くとしますか。

純愛戦記/友松直之

| | コメント(0)


487257284X.09.MZZZZZZZ.jpg

本日読了。「由美香」にも似た感触。すばらしい。
映画監督×AV女優×不倫ものに外れ無し(ってそんなに数ないけど)。
作者自身が自分しっかりカメラ越しに眺めているからこそ書ける、正直で答えのない世界と自分。
ストーカー行為で内容証明送られてしまうところがクライマックスなのかもしれないが、多分本当はそこじゃなくて、彼女との日々、映画撮影の日々、映画の2chでの悪口に携帯番号さらしてマジレスするとことか、全てが彼の表現なんだろう。広義での「人間としてのモラル」についての本だと思った。せつないけど、こういう力のみなぎる文章を久しぶりに読んだ気がする。

友松氏のページはこちら

タモリ倶楽部

| | コメント(2)

帰宅したらちょうど放送中だった。
平安時代のエロがテーマ。ゲストに江川達也と乾貴美子。
すっかり下ネタ要員が定着した乾ちゃんに乾杯。

神宮

| | コメント(3)

夜はフットサル。先週サルやりすぎてかなり疲れたので、今日もすぐ電池切れになるかと思ったら、結構バテなくてびっくり。少しは心肺機能あがってるかも。すぐ疲れるのは変わらないけど、回復が早いような気がした。でも筋力は全然ついてないので、足はそれなりに重く、プレーの方は相変わらずだった。

フットサル場近くでは、文化祭だかなんだかの練習で高校生たちが大量にいた。
やつらの昂ってる感じが伝わってきて、遠い目になる。
高校生のときは、基本的にそういうイベントを冷めて斜めに見てるタイプだったが、突然やる気になって変なオブジェを作ったりするややこしいタイプだったなあ・・俺。

家に帰って体重計に乗ったら・・・ウッシャ、ダイエットスタート時からマイナス6キロ達成。

THE NEW AGE STEPPERS

| | コメント(0)

[The New Age Steppers]。紙ジャケで再発らしい。(いいジャケなのに、アマゾンはジャケのイメージなしかよ。)即買い。今聴きながらこれ書いてる。ホントかっちょいい。今のBOSEのコンポに文句はないんだけど、こういうの聴くともっと物理的に大きいスピーカーでびんびん響かせたくなる。5.1chとかにはあんまり興味ない。映画は映画館で見たいし、音楽はピュアな音であればいい、という感じ。

ALRIGHT

| | コメント(0)

今日は仕事絡みで酒飲んで帰ってきた。なんかダルい飲みだったな。

電子機器を自在に配線できるポケットだらけのジャケット。実際見てみないと分からないけど、こういうの楽しいかも。

北野武の「座頭市」がヴェネチアで喝采をあびてるらしいけど、なんかぐったりする感じ。(もちろん未見だからなんとも言えないけど)海外ではエキゾチシズムを売りにして、国内では海外での好評さを売りにする、という部分を貧しく感じる。僕はもともとビートたけしで全く笑えないのだけど、北野武の初期の映画は好ましく思っていて、でももう撮らなくていいんじゃないの?と今は思っているのだ。

ダルい夜には音楽を聴こう。CASTの"ALRIGHT"は元気が出る。今年のFC東京のホームゲームでオープニングにかかる曲だ。去年は「電撃バップ」だったし、東京のDJ、もろ俺好みである。
B000002GMR.09.MZZZZZZZ.jpg

騒いでるのは

| | コメント(0)

ほんの一部だけ。

I can't blog.に書かれているようなことが、ウェブログで妙に盛り上がってる人に対して、僕がなんとなく感じていたこと。

日記でもブログでもなんでもいいじゃん、ということ。
ブログで金儲けとか言ってる人の気が知れない。

既存のツールとMovable Type(以降MT)の違いは何かというと、おそらくMTは、技術系の人間が考えるスペック(データの持ち方、htmlとcssの明確な分離、サイトの再構築とか)とデザインの融通性をちょうどいいバランスで持ってるからなのかも。

要はあんまりこの形式に過大な期待してる訳じゃないってこと。フォーマットだけで何かが変わるなんてありえない。やっぱり内容だと思う。当り前過ぎるけど、そうでしょ。

スタイルシートをいじってたらハマったので、元に戻した。
もう寝よ。

ドグマの国へ

| | コメント(0)
川口能活オフィシャルサイト 「移籍が決まりました」

頑固者。ポーツマスからやっと移籍。
意地でも日本はやだったんだね。デンマークリーグって、給料も安いだろうに。
しかしながら川口には色んな意味での恩があるので、俺は応援するよ。

rock'n roll diet

| | コメント(1)

日曜の夜に、悪夢のような数値に一瞬なってしまった、わが体重。

なんとか月曜火曜で先週並みに落ちてきた。ちょっと気を抜くとこれだもの。
MOVABLE TYPEのカテゴリにも「diet」を追加。

と語ってみたいような気もするけど、
とりあえず今はこれをいろいろいじってるのが楽しい。
ブログツール使って書いている文章が、ブログの話題ってのも
なんとも自家発電な話しだが、それくらいオモロイってことよ、
文章を書き、見た目をデザインし、公開するってのは。

※僕はあんまり技術的なことは書きません、というか書けないし多分。
MOVABLE TYPEがようわからんって人については他所を見てくださいませ。

東京vsマリノス

| | コメント(0)

土曜の試合をJ SKYSPORTSで放送しているところ。
東京のこと嫌いなのかな、この解説者。

「東京のサッカーはリアクションサッカー」
「マリノスはアクションのサッカー」

・・ってまあどーでもいいけどエラそうに言うほどのことかね、それ。
リアクション/アクションって分類もレベルの低い表現方法だと思う。

だるすぎ

| | コメント(2)

今日一日のダルさといったらもう。
どこが痛いとかじゃなくて全体的にだるくて参った。

Movable Typeはいろいろといじりがいあって楽しそう。
とりあえず動くと満足してしまうんだけど、
このツールは中途半端な感じでも公開しつつやってけるのがよい。
ばしっと集中してデザイン考えるんじゃなくて、
書き散らしたのを後で編集していけるし。

買い物リスト

| | コメント(0)

最近買ったものリスト
Mazzy StarのShe Hangs Brightly。美しい。ノックダウン。

SentridohのWinning Losers: A Collection of Home...まさに落書き、いたずら描き、スケッチ、だけどこのルー・バーロウの情けないメロディーには常にやられてしまう。自宅録音したくなってきた。

ちょい古いけどPrimal ScreamのEcho Dekも買った。これはプライマルのアルバムっていうよりA・シャーウッドが凄いだけなんじゃないのか。かなり気持ち良い。

という訳で

| | コメント(3)

今更ながらMovable Type をとりあえずインストールしてみた。
金曜の夜にガチャガチャやって、なんとなく本日になって理解。
設定も何にもいじってないので、この状態でスタート。
CSSを自分で頑張らないと。
といいつつ飽きっぽい俺がどこまで凝れるのか大いに不安。

土曜日。試合前にフットサル。
日曜日。またもやフットサル。
木曜もやったから、これは明らかに限界を超えてる。
だって普通に足が動かないんですもの。
凹むばかりだったなあ。

土曜の東京とマリノスの試合の方は、実に気持ちのよろしい内容で、
実に気持ちよくその後に焼肉食っちゃったりして、
ついでにいつものようにお菓子も貰いつつ、
今日もいっぱい汗をかいたはずなのに、なぜか体重計に乗ると
悪夢のような数値が見えたような気がしたのだが気のせいだと思うよ。うん。