2004年12月アーカイブ

明日は帰省。1月2日に東京に戻る予定。
新幹線の指定席など今更とれるはずもなく、自由席で勝負である。

今年1年が、振り返る間もなく終わろうとしていて、特に僕は振り返る必要もないような気がしている。だけど「年」という単位は確実に僕らの精神の有り様の基盤になっていて、今年は/来年は、と語ることはそれなりに面白い。時間は真っすぐ進んでいるのだが、それを切り取る単位は円環状になっていて、僕らの過去はくるくるとそれに巻き付けられて行く。未来はどこまであるのか分からないけど、巻き取った人生の皺を伸ばしたり、ちょっと休憩したりしながら、時に陽気に、いろんなことが続いて行くのだ。ビシッと決めるのか、ぐにゃぐにゃとかわすのか、全く予断を許さない状況だが、来年も引き続きここで自分のことを書いているのだろう。

charlie don't surf やりゃいいのに

charlie don't surf サーフィンの季節

charlie don't surf パパ、ママのために

ナパーム弾の星になる

誰も彼もが勝ちたがっている 勝たなあかんとバイブルにある
夢はやつらの手のひらの サテライトに押し込められた
追い出せ!とデマゴーグ 群れなして吠えている
開け放った窓から 世界の唄が聞こえくる


from CHARLIE DON'T SURF (Japanese Version)

それではみなさん、よいお年を。

26日M1グランプリ
27日しりとり竜王戦
28日ガキの使いスペシャル「笑ってはいけない温泉宿」
いやー録画してるなー俺。

29日。代々木の韓国料理店にて忘年会。
連日の飲みがたたって、どのくらい飲み食いしたのか今となっては覚えていない。

飲んでいる最中に実家から電話。ああそうだった。帰省どうするか決めてなかった。
というわけで大晦日に実家に帰ることに。ってもう明日じゃないか。

ナノ粒子

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さあ、コヨーテ読者の女性たちよ!どうせ買うならこのリンクから!こぐまレコードへの逆お年玉になります。
・・・・とかセコいことを書いてみる。

体積が普通の湯気の8000分の1という極小のナノ粒子イオンスチームが、角質層の奥まで水分を浸透させ、肌に刺激を与えてくれる。

しかし「ナノ粒子」という言葉が普通に使われる時代なのだ。2004年は。

National エステジェンヌ イオンスチーマー ナノケア クールパター付 ゴールド EH2425-N
松下電工 (2004/09/01)
売り上げランキング: 43
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 買うべし!

雪だ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨日で今年の仕事は終わり。

夜は東すか忘年会。市ヶ谷にて。

某編集長の餅つき大会の餅。うれしい。
DSC00510.jpg

某新婚さんのロンドン土産。強引に奪い取りました。かわいい。
DSC00511.jpg

東すかのスタッフからはこの1年、土産物をたくさん頂いた。(俺と更新係はもらってばかりだったですね)
ありがとうございます。

朝から雪が降っている。今夜も忘年会。ゆっくり飲んで暖まりたい。

日曜日。六本木ヒルズでハウルの動く城

そうそう、これは前日にVITで予約して行ったんだけど・・・

PUI::BLOG
公開初日の(世の中的には)大作映画を土曜の13時からといういわゆるゴールデンタイムにそこそこ良い席で並ばずに見られるVITってサイコー!こんなに喜んでもらえるシステムを一度作ってみたいとシステム屋としては思ってみたりさえするわけです。

同意します。実はまだ数回しか使ってないんだけど、ホントとっとと普及するべきですね。クレジットカード番号を毎回入力する必要があるのは改善して欲しいし、前売り券使えずに毎回1800円もツライし・・・というのもあるけど、こんな誰も損しないシステムであっても、まだまだ認知度が低いのが現実。街歩きながら携帯でさくっと予約出来るんだから、ほんとに並ぶのが嫌いな僕のような人間にはありがたいシステムなのだ。大して導入費用はかからないと思うんだけどなあ。

で映画。これがまあ、なんというか、「千と千尋」を手放しで大絶賛した僕からすると、まあ残念というか、まあそれなりに素敵で面白い映画だったんだけど、あのレベルとは距離のある作品という印象を持った。続きは・・・先入観をもって映画を見たくない人は読まないことをおすすめします。

Mendozaさんに、随分前に借してもらった本を読了。いやー貴重な本をどうもありがとうございました。

メキシコオリンピックでのメダル獲得に至るまでも勿論面白いんだけど、一番面白いのは最終章。これからの日本サッカーの目標があげられているんだけど、これがまさにJリーグの構想のままであることに驚く。

・プロ化は急ぐべきではない。そしてヨーロッパのようなクラブ制度を参考にするべき。
・金儲けと宣伝の為にプロにしたいというチームがあっても断るべきだ。
・ブロサッカーであげた収益は他のスポーツに還元すべきだ。
・そして総合スポーツクラブを全国に普及させたい。
・プロ野球のあり方はそういった視点を欠いている。残念だ。

昭和44年に第1刷のこの本。その理想が100%そのままというわけでもないが、おおむねその形を変えずに日本のサッカーは大きくなってきたのだな、と思う。「加茂でワールドカップに行けなきゃ、私が辞任しますよ」と開き直ってたオッサンというイメージでしかなかった長沼会長の、サッカーへの情熱溢れる若き日々。なかなかに良い読書体験だった。
DSC00509.jpg

狩撫麻礼&いましろたかしの「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」上・下を一気読み。
ああ、破綻してる・・・けどなんだかこの世界を照らす光のように思える、出口なしの光景から急速にずんずん上昇する感じ。

ハード・コア 平成地獄ブラザーズ (下)

Amazonでは在庫切れか。
↓こっちは買えるみたい。なぜか年末年始には読みたくなる。本棚の奥から引っ張りだそうかな。


初期のいましろたかし?ハーツ&マインズ+ザ★ライトスタッフ+その他
いましろ たかし
小学館 (2002/07)
売り上げランキング: 41,189
通常4?6週間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.67
5 つげ越え!!!
5 ジャスティスに生きる
4 いましろたかしの才能

トコトコ節
トコトコ節
posted with amazlet at 04.12.26
いましろ たかし
イースト・プレス (1995/02)
売り上げランキング: 81,514
通常3?4日以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 いましろ完璧主義

金曜の夜は中野で和食のお店。コースでそれなりに食べたと思ったのだが、その後山頭火でラーメンを食うことになってしまい、倒れそうになる。その後、更に空いてる店に入りビール2杯で轟沈。

土曜。最近のブームと言えば掃除である。「どこでもぞうさん」効果で、掃除が楽しくなってきた。というか今まであまりにも放置していたことに気付き始めた。散らかっていたレゴの人形を整理したり、薬を整理したり、いらないものを捨てたり。

今日の発掘。
開封済みバファリンが4箱。6年前の消毒液。鼻炎止めが6個くらい。
賞味期限から2年経過したすっぽんエキスの錠剤(父親に貰ったもの)。1万円。
もう一生することはないと思われる千円のサングラスがいくつか。

早起きしてエントリ。冬の朝。

昨日は中野にてこぐまレコード忘年会。
来年はもっとがんばろう。特に俺と更新係ということだ。
そしてホームページを更新しない更新係というのは、飛べない豚が只の豚であるように、只の「係」である・・というような内容の叱責を更新係には(様々な暗喩を交えて)浴びせたつもりなんだけど、いつ更新されるのは不明なのである。

CDがたくさん出せて、イベントもやったりして、俺の腹が少し凹んで、そんな来年になるといい。

5時半から一体何時間居座ったんだろう。焼酎ばっかり飲んだので、今日のダメージはそれほどでもない。

It's Hard to Find a Friend

なんとなくポチッと買ったCD。熱でぼーっとした頭でリピートして聴いていた。だるくって、スローで、時々明るくて、いいメロディー。ギター、ベース、ドラム、声、ベース以外は全て一人でやってるせいか、妙な統一感と寂しさが鳴っている。

It's Hard to Find a Friend
It's Hard to Find a Friend
posted with amazlet at 04.12.23
Pedro the Lion
Jade Tree (2001/10/16)
売り上げランキング: 50,788
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 バザン

火曜日。午後になってから、どうにも気分が悪くなり、寒気がしてきた。熱がある。帰宅し、ひたすら寝た。

水曜日。気分は悪いものの、熱はひいた。どうしても休めない日だったので出社。朝から沸騰したり下がったり。会社の忘年会はキャンセルして23時まで仕事。

ふう。明日から4連休とるつもりなんだけど、いつ携帯が鳴るか不安なのが非常に嫌だな。

土曜日。不思議と二日酔いもなく、天気もよかったので、急遽フットサルしに飛田給に行く。初めて味スタの真横のコートでやった。人工芝でも体育館でもない、その中間のような床のコート。そして結構広い。楽しかったのだが途中でやはり膝が痛くなってくる。木曜にやったばかりで回復してないのだな・・

その後、新宿に移動して忘年会。すき焼き。おいしいのはいいのだが、すぐにお腹いっぱいになっちゃうのは歳のせいなのか?このあたり記憶は鮮明だったのだが、2次会で泡盛飲んで、その後電車に乗ったあたりからボーっとしてる。更に寝る前にチューハイ飲んだような。

日曜日。埼玉スタジアム。天皇杯準々決勝。遠いし赤いし、メロンパン買うのにも並ぶし、試合前から盛り下がりまくり。試合は・・・まあやっぱりどこか気持ちが抜けちゃってたような気がする、怪我人多過ぎ云々の前に。

これで今シーズンも終了。ケリーとのお別れ。バーに当たったシュート。なんかケリーらしくって、笑いたいんだけどやっぱりちょっと切ない感じ。

埼玉からの脱出。16:30くらいから赤坂で飲んだくれ。

その後、19時から24時まで、西荻でくまやまさんをお迎えしてpunkchillのばくちゃん、更新係の4人で食事(というか俺はやっぱりずっと飲んでた)。寝て起きたら、このあたりほとんど記憶がない。えーとすみません皆様、俺大丈夫だったでしょうか?

家に帰ってからどうやって寝たのかよく覚えていない。とにかく今日の朝、起きたときに猛烈にダルくって、ああ金曜からずっとお酒を飲み過ぎたなあと反省したのだった。いや、正直に言うとたいして反省していないのだ。

忘年会第2弾。やけに騒々しかった。ビールばっかり飲んで気持ちわるー。
さすがに金曜日の夜。猛烈に混みまくってる電車。

最近の仕事のストレスは飲んでもまったく解消されず。当たり前だ。

でなぜかこんな朝っぱらに目が覚めてしまって、困っている。。

腰と膝と

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週に引き続きフットサルに行く。
やる前から痛かった腰はずっと痛いまま。おまけにやってる途中で右膝がひどく痛むようになってきた。うーん。

ドイツ戦、チケットあるよって言われたんだけど行かなかった。帰宅してから録画で見る。最初は面白かったんだけど、最後の方は悲惨極まりない状態に。国内でやる親善試合はもう完全に何かが崩壊してるような気がする。

右膝に湿布を貼る。さあ寝よう。

忘年会がスタート。これから忘年会だらけになるのだろうか?一回5000円として10回出たら・・・目眩がしそうである。

家に帰って来たら・・・天皇杯5回戦。ザスパ草津がマリノスに勝って、浦和が湘南に勝っていた。日曜日はまた浦和戦、目眩がする。

年末

| | コメント(0) | トラックバック(0)

年末になって思う感慨は、「仕事が大変だったなあ」でもなく「FC東京がナビスコカップで優勝したなあ」でもなく、

「俺、タバコやめたんだなあ」

だったりする。やめてから200日近い。おそらくもう吸うことはないだろう。
ホントにこの本読んだだけだったけど、まあもともとあった思いが顕在化しただけだと思う。
禁煙セラピー?読むだけで絶対やめられる
女性のための・・はなぜか帯がボブ・サップ。
女性のための禁煙セラピー?読むだけで絶対やめられる

でも、このアレン・カーさん、こんな本まで出している・・・・。こればっかりは無理だな。つーか、何かを「やめること」ってこんなにも需要のあることなのか。
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー

元来掃除をしないことで有名な僕の部屋であるが、この「どこでもぞうさん」を買ったことで、その運命が変わるかもしれない。Amazonで4980円。安い。とても軽いコードレスで、それなりに吸ってくれるし、不思議なデザインのせいで、部屋の片隅に立てておいても気にならない。というか掃除機には見えない。しかしこのネーミング・・・・文句はないです。

ZOJIRUSHI どこでもぞうさん スポットクリーナー BLVG20(WY)
象印 (2003/12/10)
売り上げランキング: 42
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.4
5 すぐれものでした
5 こんな掃除機を探していました!
5 価格も安くて助かる「ぞうさん」

ニルヴァーナ・ボックス

Amazonから届いた。売れたバンドはどんどん確実に消費され骨までしゃぶられる。当たり前のことだ。そのバンドマンが死んだ後だって。いやむしろ死んで商品価値が更にあがる。そういう「商品」という気がする。立派なボックスと、その中に納められたあまりにもムキダシのデモテープの数々はガラクタから宝石まで。ラストに収録されている「All Apologies (Solo Acoustic)」はとても美しい。

浦和と横浜の試合。もっと順当に横浜が勝つと思っていたのだが、浦和が1点とってヒヤヒヤした。まあ別に横浜が勝ったからって嬉しいわけじゃないんだけど。坂田が早い時間帯でのチャンスを決めてれば、もっと安心出来たのに。まあ鈴木啓太のように「サッカーの質で言えば、うちの方が圧倒的によかったと思う」と、もし浦和の人たちが本気で思ってるのなら、まあしばらくは安心してられるというもんだ。僕が嫌いな山田さんは「足りなかったのは運だけ」。。これは確実にそう思ってそうである。

日曜日。鹿児島での大宮と東京の試合。楽勝かと思ったら追いつかれて、その後に3点もとるという大味な展開。茂庭、戸田、梶山みんなもう天皇杯は出られないというのは結構大きな穴なんだな、やはり。来週は埼玉スタジアムか。うー。とりあえずチケット購入。

夜。テレビでトヨタカップ。最後の開催を祝うかのように(?)地味なチーム同士の戦いはなんとスコアレスの末にPK戦という更に地味な展開。でもなぜか楽しかった。こうやって、遠く日本のスタジアムで、「世界一」をかけて戦うヨーロッパと南米のクラブチーム。毎年のように僕らはそれを楽しんできた。そして僕らのアジアは未だに「世界」の一部ですらない時代から、少しずつ変わって行くのかもしれない。そう思うと、今日は現地まで見に行けば良かったかな、と少し思った。

40席のとっても小さな劇場、ライズXで[雲のむこう、約束の場所]

苦手な絵、にも関わらず最後まで見ることが出来たのは、「北の国から」の純くんこと吉岡秀隆の声と、73年生まれとほぼ同世代の新海誠監督の、青臭い思いのたまものだろう。日本のアニメもいつまでも大御所ばかりじゃキツいだろうから、こういう若い世代の台頭はとりあえず喜ばしいこと、としたい。

日本が南北に分断されている世界・・・という設定。岐阜あたりが国境なのかと思ったら、なんと津軽海峡が国境線。つまり北海道だけが違う国。ちょっと意外で面白い。

でもキャラがあまりにも「アニメ界」的紋切り型で、少し萎えた。パラレルワールドもしかり。でも俺はこんな映画が撮りたいんだ!という熱い思いはとりあえず伝わってきたので、あまり批判はしたくない感じ。敢えて簡単に言ってしまうと、「北の国から」のセンチメンタリズムとPKディックの「高い城の男」(日本とドイツに分断統治されたアメリカの物語)のミクスチャーである。宮沢賢治の「春と修羅」も引用されてた。そして量子論とかナノテクとか分岐宇宙とか。典型的文系SFオタクの御用達アイテムはとりあえず全部ぶち込んである。

参考資料。
春と修羅

北の国から 87 初恋

高い城の男
高い城の男
posted with amazlet at 04.12.11
フィリップ K.ディック 浅倉 久志
早川書房 (1984/07)
売り上げランキング: 63,005
通常4日間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.67
5 歴史好き、ナチマニアならぜひ。
2 よくあるオルタナティブ世界物語
4 『易経』が主人公の物語

2ヶ月以上ぶりにフットサル。最初はまた吐きそうになったけど、楽しかった。
今日はよく眠れそうだ。(いや、最近寝られなくて悩んだことはないのだけど)

唐突だけど明日はボーナスか。

家に帰ったら、日本育英会改め、今年から「独立行政法人 日本学生支援機構」から奨学金返還の案内が来ていた。年末の恒例行事。もう9年目。随分と返してきたもんだなあ、と思う。

12月は、やっぱりとんでもないスピードで過ぎてしまいそうな気がする。

寒くない

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月でこの暖かさは恐ろしい。

[ブログで会社をクビに--米国で解雇例が続出]
ああ、わかるような気がする。企業にはそんなことばっかり調べてる人がいたりするからね。2ちゃんを見たり(時には書いたり)すんのが仕事だって人がいるんだから、blogでひっかかっても全然不思議じゃないね。滅多なことを書かれちゃマズい、と恐れるか、いい企業宣伝の場だとポジティブにとらえるか。

[皇室記事誤植で発売延期]
おそろしいヨノナカだわ。

[「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」スペシャル・エクステンデッド・エディション上映決定! ]
ああうれしい。

【見どころがこんなにいっぱいの劇場未公開シーン!】
■エントに襲撃され、塔に閉じ込められたサルマンの衝撃のその後!
■どっちがお酒に強い?レゴラスとギムリの飲み比べ競争の行方
■死者の道はもっと恐ろしかった!頭蓋骨の大洪水がアラゴルンたちを襲う!
■ガンダルフ危機一髪!アングマールの魔王との対決!
■瀕死のエオウィンを蘇らせた“王の癒しの手”
■見よ、王の剣を──パランティアに映るサウロンに宣戦布告するアラゴルン
■暗黒の塔、バラド=ドゥアの副官“サウロンの口”初登場!

DVDも予約しないと。。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
ポニーキャニオン (2005/02/02)
売り上げランキング: 8
近日発売 予約可
おすすめ度の平均: 4.49
5 真の‘王の帰還’はこれを観ないと完結しない!
5 完全なる大円団(ネタバレあり)
5 完結!

万物理論

読了。この人は短編の方がいい、と思うのは事実だけど、このメチャクチャな長編も(破綻しているという意味ではない)やっぱり面白いことには変わりない。むしろ理路整然とした論理の飛躍とその壊れっぷりにはメロメロになる。自由に思考の冒険が出来るのは、揺るぎない観測の場所を持っているからだろう。テクノロジーと人間の感情(それが単純な神経化学的現象に過ぎないことは十分認めた上で)が、いつも僕らを支配することを、幸でも不幸でもなくただ見つめること。そして、その事実に翻弄される自分たちのことを、冷笑的な態度でとらえる必要はないのだ、ということ。

セックスから自由になった男性でも女性でもない「汎性」。
政治から自由になった太平洋に浮かぶ無政府主義者たちの暮らす人工礁「ステートレス」。
そしてこの小説の原題は"DISTRESS"。そのナイーブさゆえに、僕はこの作家が好きなのだろう。

暴飲暴食

| | コメント(0) | トラックバック(1)

数ヶ月ぶりに体重計に乗ってみた。

まあ予想出来ていたことではあるが、ここのところの主にストレスからくる暴飲暴食が見事に功を奏して、昨年のダイエット成功時期に比べて4キロ増!の快挙。お腹も見事にぼよーんとしてる。いやーやれば出来るね、おれ。。。。。

という訳で、ただでさえ太りやすい冬を前にこの状態を目の当たりにして、震えが止まらない。
しかもこれを書きながらワイン飲んでるし、まったく出口が見つからないのである。

一応録画までして、駆け足で見てみた。マリノスの勝ち。点差以上に浦和は何も出来てない感じがする。やはり世界にはまだ救いがあるということか。来週も当たり前のようにマリノスが勝つんじゃないかという予感がしつつ、まあ予感は予感ということで。

今日のマリノス。久保もアンもいないので2トップが「坂田」と「清水」で、なんかもうそれだけでがんばれって気にはなるよね。とりあえずね。

金曜。久しぶりに仕事関係で飲む。

土曜。朝から仕事行って平日に出来ないことをやる。その後新宿で買い物。arenaのマイクロファイバーのアウターを買う。夜は恵比寿で酒飲んで。豚しゃぶ。

日曜。風が強い。そして妙に暖かい一日。確か今は12月。

別の映画を見るつもりだったんだけど、満席になっちゃってたので、ちょうど近くでやってたピクサーの最新作Mr.インクレディブルを見た。楽しい映画だった。スーパーヒーローで何が悪い、という開き直りの物語。ヒーローであることにグチグチ悩んだりしない。強いなら強いでいいじゃん、わくわくするし、ということ。今までのピクサー作品との違いは、「弱きもの」が強い敵をくじくんじゃなくて、かつて若くて強かったものが、長い屈辱の日々を経て、強さを再び獲得する物語であることだろう。つまり子供向けではなく、年老いた大人の為の純粋なヒーローものなのだ。

ケリー

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ケリー退団のニュースを知ったのは、1時過ぎに帰宅して開いたiBookで。
色んなblogで感想が既に書かれている。僕も色んなことを思う。
ケリーは日本の他にチームに行ってしまうのかな・・・。
そして小峯やサンドロの契約非更新のニュース。
ああ、さみしい季節なんだな。

戦争

| | コメント(1) | トラックバック(0)

家に帰ると、テレビ埼玉で機動戦士ガンダムの時間だった。「ソロモン攻略戦」。

僕は文章を書く時に、なるべく使わないように心がけてるのが(とか言いつつひょっとしたら使いまくってるかもしれないが)、一つは野球用語でもう一つが戦争用語だ。例えば野球用語というのは随分と自分たちの中に浸透していて、ピンチヒッターとか代打とか隠し球とか打率とか続投とか、実に様々な用途があって、別にそれは悪いことでもなんでもないのだけど、なんとなく違和感を感じる時があるので使わないようにしている。例えば原監督がFC東京の監督「続投」とかね、なんでサッカーで続投やねん、と。

同じように、戦争用語もなんとなく使いたくないんだけど、時々思うのは、やっぱりよく戦争用語が使われるのはそれなりに理由があって、多分それが現代の人間の実感に近い言葉だからなんだろうな、ということ。「今日は決戦の日」と大事なプレゼンの前に考え、「水際でトラブルを掃討」しようと思ったり、片肺飛行したり、地雷を踏んだり、核爆発を起こしたり、撃ち合いをしたりする。

まあ何が言いたいかというと、個人的には、今はひどい修羅場のまっただ中にいるから(かれこれ1ヶ月以上も)、もう正直心がボロボロなんである。でもって今の状態を説明するのに、まるでガンダムのドズル中将のような心境だ、などと言いたい訳である。まるでザクやドムのように無惨に破壊されているのである。。

まあそういった表現が可能だってことは、本当の戦争じゃないからだろうな、と思う。
強烈なプレッシャーとストレスにさらされたときは、本当の戦争じゃないんだから、と思うようにしている。

たまもの

| | コメント(2) | トラックバック(0)

ユーロスペースでレイトショー。「たまもの」。ピンク映画だが一般の劇場で公開されている。チョンジュ国際映画祭の招待作品。

先週はいましろたかしがゲストのトークショーとかもあったらしく、ちょっと残念。

林由美香がかわいい。ただ、もし僕が20歳の若者だったら、ただの恐ろしい年増女にしか見えないかもしれない。彼女は素晴らしいコメディエンヌだけど、それ以外の表情も実に豊かで、結局のところ65分程度の作品だったら彼女の存在感だけでもってしまう。気の抜けた笑いと、セックスシーンでの妙な緊張感。こんな感じで1200円で映画を毎週見たいなあ、と思った。