2005年6月アーカイブ

ひどく酔ってる水曜日。

「ぐでんぐでん」を歌うショーケンというのは、結局のところあらゆる言葉やジョーシキやモラルを無視するロックンロールなわけで、僕のような立場ではなんとコメントししにくいんだけど、有無を言わせぬかっこよさを持っているのは確かだ。

だけど、結局のところ、やることは一緒だと思うんだよな。。。。。

ディックのサンリオSF文庫絶版シリーズ(を創元SF文庫が出版)も残りわずか。というわけで、1月に出てたのに今頃読了したのが「ドクター・ブラッドマネー」。文庫本だけど1008円もする。でも安い安い。古本屋でサンリオのボロボロのを買ったら余裕で3000円以上ですよ。「怒りの神」とか買ったなあ。サンリオじゃないけど、バラードのヴァーミリオン・サンズなんていくらだったっけ?買ったけど覚えてない。

1981年、一組の夫婦が火星へ出発した。直後に核戦争が勃発、地球を回る衛星と化した植民ロケットからの放送のみが、人びとの情報のよりどころとなった。各地に点在するコミュニティーのひとつでは、かつて核実験に失敗し人びとの憎しみを集める物理学者、超能力をもつ肢体不自由者の修理工、双子の弟を体内に宿す少女らが暮らしていた・・・・

もうディックだったらなんでも面白いから批評に成りえないんだけど、やっぱりこれも面白い。どうして俺はPKDに、こんなに夢中になってしまうのか?その理由を書き出したら一週間以上かかるだろう。だけど一言で済ませることも出来る。それはこの世の中が分からなくて、不満があるからだ。じつに単純。

ドクター・ブラッドマネー?博士の血の贖い?

Praise You

| | コメント(3) | トラックバック(0)

更新係は「ビワコはどうして俺に回さないんだ!」的なことを書いてる訳だが、そもそも数ヶ月もホームページを更新せずにいけしゃあしゃあと本棚を作ってたりするのが悪いんであって、別にスルーするのは当然なのだよ。

こぐまレコードの音源にも参加してくれた中村まりがFUJI ROCK FESTIVALに出演とのことで、めでたい限りである訳だが、本人は実に淡々としてそうである。

Bumblebee Recordsのバムブル壁新聞にもドカーンと告知されていたように、本日しめやかに高円寺でプンクチルのライブがあった訳だが、こちらも実に彼女たちのペースであり、うだるような昼間の暑さも完全にこのバンドの空気に持って行かれたのであった。Rock me、な感じです。

という訳で周囲は順調に活動を続ける中、猛烈な勢いで伸び悩み続けるわがこぐまレコードだが、本日の更新係の挙動不審な様子を見る限り、やはり更新は滞り、Tシャツ販売などもうやむやにされそうな勢いである。

6/10 ワールドユース、オランダ戦
6/15 ワールドユース、ベナン戦
6/16 コンフェデ、メキシコ戦
6/18 ワールドユース、オーストラリア戦
6/19 コンフェデ、ギリシア戦
6/21 ワールドユース、モロッコ戦
6/22 コンフェデ、ブラジル戦

仕事で結構疲弊してるはずなのだが、我ながら呆れるけど全部見たもんな。朝方のヤツは仕事行く前に早起きしてハードディスクの録画を追っかけ再生したりして。だから全部結果は知らずに見ることが出来た。とりあえず大会が終わってほっとした。ゆっくり寝よう。

こうやって並べてみて気づいたけど、負け引分け負け引分け勝ち負け引分け、7試合やって1勝しかしてないのね、日本は。サッカーファンとは不思議な生き物なのである。

しかし朝4時のブラジル戦の視聴率が2桁に達したと聞いて驚愕。日本もおかしな国になったもんだ。加地の幻のゴールが決まっていればもっとおかしなことになっていたのに。

仕事もそれなりの修羅場で疲れていて、なおかつ夜中にサッカーを見る生活をしているせいだろう。眠くてたまらない。明日はユースの試合、明後日はフル代表の試合。風邪をひきかけているような気もするので、今日は早寝しよう。

帰り道に、家の近所で1000円拾った。今まで生きてきて、こんなに高額の金銭を拾得したことはない。どうすればいいのか戸惑ったが、一度拾い上げたものをまた地面に置くのもヘンなので、そのままポケットにしまいました。

GW-5600J-1JF.jpg

生まれて初めてG-SHOCKなんぞを買ってしまった。GW-5600J-1JF。20年以上前のモデルを電波ソーラーにしてみました、みたいなモデル。なんかものすごく新鮮である。これって映画「スピード」でキアヌ・リーブスがしてて有名になったらしい。

ライフ・アクアティックを見に行った。

素晴らしい映画だった。

デヴィット・ボウイをギターで弾き語る(しかもポルトガル語)乗組員(セル・ジョルジ)の名前は「ペレ」。だけど最高のZiggy Stardust。異様なまで細部へのこだわりで、細かい笑いをとる部分と、無茶苦茶適当な部分が同居してる。

かっこわるいオッサンの映画を見ると、なんとかやっていけるような気持ちになる。ビル・マーレイはピンと背筋を伸ばし、はっきりとしゃべる。adidasを履き、青い服を着て、赤い帽子をかぶる。

ビル・マーレイが良くて、ケイト・ブランシェットも素敵で、ウィレム・デフォーもアホらしく、音楽がクールで、ベラフォンテ号はとても楽しくて、そして冒険の舞台となる「海」は、ただの海でしかないんだけど、限りなく美しい。(琵琶湖と同じくらいに広い海だ。)新宿の雑踏や、中野の湿気や、目黒の焼肉屋や、そんな全ての日常が、僕たちの生活を囲んでいて、インチキとしか言いようのない世界がいつも広がっている。そんな作り事の中で、作り事の人物が作り事の事件に遭遇し、作り事のエンディングを迎える。だけどそんなインチキだって、ひょんなことからホントのことになり、馬鹿馬鹿しいくらいに僕らを泣かせたりする。大事なことは、本当か嘘か、幸せか不幸せかじゃなくて、目の前にあることを受け入れ、船に乗り込むことなのだ。

The Life Aquatic With Steve Zissou

The Rise And Fall Of Ziggy Stardust (EMI) [ENHANCED CD]

アゲイティス・ビリュン

lopnorさんからMusical Batonのご指名トラックバックを頂きました。どうもありがとうございます。こうゆうのって久々に書くと恥ずかしい。なんか大学のバンドサークルとかに入る時に書かされるヤツみたいな感じ。ネット上の音楽ファンによる不幸の手紙やね。

あ、次に指名してしまった5名の方は、お時間のある時でもどうぞご自由に。

  • Total volume of music files on my computer
    • 42.52GB
  • Song playing right now
    • 夏に向かって/パラダイス・ガラージ
  • The last CD I bought
    • Pretty In Black/The Raveonettes
  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
    1. 仕事/パラダイス・ガラージ
    2. Summer Babe/Pavement
    3. 過ぎゆく日々/エレファント・カシマシ
    4. Pale Blue Eyes/The Velvet Underground
    5. Blue Thunder/Galaxie 500
  • Five people to whom I'm passing the baton
    1. tmpr13
    2. 8days a weeeeek
    3. btr
    4. endlessboogie
    5. Tres pesos

仕事が猛烈にいそがしい。イライラして、FRISKを食べ過ぎてるような気がする。ああ、そういえばタバコをやめてから先週末で1周年だったのだ。もう禁煙しているという意識はない。やめたのだ。

ダイエットは全然出来ていない。2日に1回くらい、思い出したように腹筋しては、軽く筋肉痛になっているが、体重は見事に横ばいである。

体重と言えば、お相撲さんの二人の兄弟が、親父さんが亡くなった後も喧嘩したりしてて、朝のワイドショー的ニュースではそればっかりやってる。弟のあの髪型はどうなんだ?そしてあの話し方は慇懃無礼でひどく気分が悪い。兄の方も、やはり言葉使いがどこかおかしい。日本中の人は、あの二人におかしな言葉をしゃべらせ、不快でしかない喧嘩をやらせ、更にお母さんまで登場させ、一体あの家族の何を楽しんでいるのだろう?かつて幸福だった家庭が崩壊していく様子を見ているのだろうか?今に始まったことじゃないが、やっぱり下衆すぎるな、そういう興味は。

今野はイタリアに行ってしまったりするのだろうか?と思いつつ、今日はもう疲れた。

Pretty in Black

デンマークの男女2人組。ジザメリっぽいフィードバックノイズでくるまれていたファーストアルバムに続いてのこの2枚目は、ノイズはほとんどなく、アコースティックな演奏をバックに甘ったるくて懐古趣味的なメロディーが全編に溢れている。でもなぜか今の音っぽい。完全に自分たちの出したい音が分かってる感じがする。

もはや少し古い話題になってしまったけれど、ワールドユースのオランダの7番は凄かった。強引に4人ほど吹っ飛ばして独走し、2点目をアシストした以外にも、髄所に人間離れした身体能力を見せつけた。

この試合を受けてサポティスタでは「オランダの7番は化け物か!?」との見出し。これの出典がシャアのセリフ「連邦のモビルスーツは化け物か!?」だと理解出来るのは30代ガンダムおじさんたちである。

まあそんなことはどうでもいいとして、やっぱり面白いワールドユース。あれだけ観客が入ったスタジアムでも、大熊さんの声はやっぱり響いていた。

バタフライ・エフェクトを見た。

過去を変える映画は沢山作られているが、この映画が他の作品と違うのは、怒濤のスピード感で何度もそれをやってしまうことだろう。感傷にひたる間もなく、この現実にダメだしして、ひたすら過去へ飛び、そして今を変える。SFとしては使い古されたネタを、ちゃんと面白く見せてしまう演出は見事だし、アメリカや韓国でNo.1ヒットになったという事実もうなづける。でもね、日本は「セカチュー」とか「いまあい」とかが(見たことないけど)売れたりするようなトコなんで、現実が気に入らないからって、さあ過去を書き換えよう!と思う映画はウケないのかもしれない。

映画としての野心が感じられて、面白かった。
主題歌はOASISの "Stop crying your heart out"で、これでもかと感動を迫ってくる。

(以下はネタバレ注意)

ユベントス戦の為に休みをとった6月7日の昼間に、渋谷シネ・ラ・セットで奇蹟のイレブンを見た。

1966年イングランド大会の“ワールドカップ史上最大の衝撃”と言えば、北朝鮮のベスト8進出。それを追ったのがこのドキュメンタリー。すっかりおじいちゃんになった北朝鮮の選手たち。偉大なる首領様が「1、2試合は勝て」とおっしゃったから頑張った・・・と彼らは語る。だけど、この映画が語っているのは、決して異様でも呪術的でもない、極めてサッカー的な論理と非論理の物語だ。

酔っぱらってる。しかもインターネットにつなげなかったりして、ちょっとキレ気味だったのが今になって復旧。

キックオフに間に合うよう帰るつもりが、仕事の都合で帰ることが出来ず、気づいたら飲み屋でテレビをつけてくれるよう交渉し、3人でジンギスカン食いながら観戦。後半の開始から見た。勝って安堵。

8年前、代表は「僕らそのもの」という程の存在だった。僕はホントに吐きそうなくらい緊張して試合の日を迎えた。

今、代表は「みんなの日本代表」だ。みんなが気にしてる。僕は複雑な気分だけど、やっぱり気にしている。

あの頃の熱はもうやってこないけど、ワールドカップに出ることが出来るのは、素直に嬉しい、良かったと思う。

うん。

味の素スタジアムでの親善試合。楽しかった。以上。

・・・それ以外にあんまり書くこともないんだけど、やっぱり見に行って良かったな、と思う。2年前にレアル・マドリードと試合をした時のような大騒ぎにはもはやならないけど、イタリアのチャンピオンチームと戦う東京。しかも素晴らしい先取点。後半あっけなく同点。・・・の後はなんとか盛り返して、いい感じで攻め続け、馬場がゴール前で抜け出し倒されたところで笛か!?と思ったらあっけなく流され、その流れでくらったカウンターで失点。ポストに跳ね返ったボールを塩田が押さえたかに見えたが副審はゴールの判定。僕の席から真偽は分からなかった。その後は無謀にも前掛かりになった東京に対して、ユーベは見事に効率のよい攻撃をし、デルピエロが2ゴール。スターにはかなわないし、チームとしても非常に洗練されている。

そう、結果だけ見たらユベントスはやっぱり強くて、東京はJ1の16位にふさわしい弱さだったわけで、それを否定するつもりは毛頭ない。僕らのチームは弱い。だけど、こうやってセリエAのチャンピオンに対して「悔しい」と思ったりするのが2005年の6月の現状なわけで、それはやっぱりちょっとびっくりすることだ。石川が走った。今野が奪った。戸田が決めた。最後はダメダメだったけど、途中まではとても面白かったな、うん。

なんちゅうか、昨夜の酔いが覚めやらぬまま、なぜか早起きしてしまい新宿へ。まったりZガンダム見ようと思ったら、オタクとガキで満員状態。うわーイヤだ。顔から火が出る程に恥ずかしい、というのはこうゆうことを言うのか。映画館に入ってから激しく後悔する。「こんなオタクたちとは俺は違う」「いやいや、お前も同じ穴のオタクだよ」と心の中で自問自答。ああ、当時ハイザックのジャケットのサントラのレコード買ったなあ・・・

俺が中学1年の時の放送だからもう20年前の作品なのだ、これ。当時そのままのフィルムと、新たに作られたフィルムが混じってて、このあたりも不思議な感じ。1話の「黒いガンダム」から14話の「アムロ再び」までを95分にまとめるという無茶苦茶なことをやってるから、とんでもないダイジェスト版であり、更にあと2作映画を作るらしいが、どれも最初のガンダムの映画版以上に圧縮感の強いものになるだろう。もう商売以外の何ものでもない。

Zガンダムというのは、非常に困った作品である。難解な勢力分布(戦争ではなく軍の中の内紛だから)、気障なセリフ、説明的なセリフ、そして全体的に観念的で恥ずかしい。(今見てみると余計にそう思う)「アニメは子供のもの」から脱却する為に、きっと当時の作り手たちは無理をし過ぎたんだろう。で結果として大失敗したのかと言うと、視聴率は悪かったものの玩具(というかプラモデル)は売れたみたいで、その直後にガンダムZZなんて続編まで作っちゃったのである。

親父は愛人と浮気している。かつてのヒーローは政府に疎まれて半幽閉状態である。軍はニュータイプを人工的に作る為に人体実験みたいなことをやってる。そして核兵器が使用される。。。、救いのないことばっかり。

・・・結局のところ痛感したのは、自分は20年前からあんまり変わってないんだ、ということ。なんかに熱心になり、詳しくなったりすることを始めたのはこの頃だったのだ・・・と暗い気持ちになって映画館を出たら、とってもいい陽気で、余計に暗い気分になった。

ねむい。

新宿で飲んで→目黒で観戦。酔っていたせいもあって、なんだか最後の方は攻められつつも安心して見ていられた。確かに「大きな1勝」であるが、ここで安心し過ぎると思わぬ事態が起こるのがサッカー、という気もするので、水曜日までは、まだまだ怖がっているべきだ。ネガティブ思考法で。

キリンカップの後の記者会見で、記者たちから鈴木のプレーについての質問で笑いが起きたことに関して、「全力で戦っているわたしの選手がなぜ笑われなくてはいけないのか」「憤りを感じている」というジーコさん。そういう「ファミリー」としての一体感を何より大事にする代表チームというのは、ちょっと興味深い。論理より情。技術論より精神論。だけど物理学が哲学になるように、精神論的サッカー/戦術論的サッカーなんて簡単に分けられない。そして骨折した小野の代わりに入った小笠原がゴールを決めるというのも、ゴッドファーザー的ムードを感じると言ったら言い過ぎか。

亀の腹筋

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月最後の日は飲み過ぎて終わった。帰宅したら日付が変わってた。こんなんじゃ体重減るわけないやん。

6月最初の日は普通の日。でも帰宅したらやっぱり日付が変わってた。つかれてる。

そうこうしてるウチに金曜日はバーレーン戦だ。宮本が表紙のアエラを見て、そんなことに気づく。

あ、そうそう、mixiで学生時代の友人と再会。ヤツです。俺に爆風スランプのステッカーのついたベースをくれた彼。