2005年7月アーカイブ

フジロックだろうが平日だろうが、全く早起きが苦にならない最近の俺。この日も朝からすっきりとした目覚め。天気もいいし、はりきって出発。朝飯はジンギスカン丼(これはイマイチだった)。ビール。照りつける太陽で雨に濡れたシートやレインコートなどを乾かし、日焼けの準備をしたりする。
CIMG0031.jpg

で1時間もしないウチに降ってきた。豪雨と言ってもいいほどの勢い。時計はG-SHOCKだから平気だけど、携帯電話だけは濡らしたら大変だ。Los Lobosの代わりのEddi Readerは癒されたけど、SHERBETSは無表情で眺めるだけ、無理矢理オアシスのワールドレストランに行って暖かいものを食うなどして、テンションをあげようとする。

しかし、ここで我々(総勢2名)は重大な決断を下す。それはつまり「宿に帰って休む」であった。どうしても見たい夜のライブに備えて、敢えて昼間は休息をとるべきではないのか?という前向きな決断であった。決して降り続く豪雨に負けたのではなく、一時撤退したのである。僕らは「I shall return」と名言を残し、宿に向かった。(その後風呂に入って、ワイン飲んで、昼寝した。)
CIMG0034.jpg

I have returned.グリーンに戻ってくると、雨はやんでいた。しかし足下は一面の泥濘。そこで大音響で響くAsian Dub Foundationの低音。いいライブだった。前は新入りだったメガネのMCが司令塔になり、新しいシンガーは非アジア系、というか普通の黒人だ。彼の歌があることでキツめのラップ一辺倒から、幅の広いサイド攻撃が出来るようになった感じ。"Naxalite"のイントロにしびれた。"OIL"で、ステージや観客が"We want your oil"と叫ぶ光景は壮観だったし、"Fortress Europe"もすごかった。強烈に伝えたいものがあるバンドはやっぱりフェスで強い。
CIMG0035.jpg

ホワイトに移動してGANG OF FOUR。予想の3倍くらいカッコ良過ぎてびっくりした。あの時間を切り刻むかのようなギターのカッティングだけじゃなく、ドラムもベースも凄いじゃないか。ロックというのは敢えて頭が悪そうに見せることを良しとするものであるが、このバンドは頭が良過ぎておかしな方向へ行ってしまったんだな・・と思わせるクールさである。電子レンジを金属バッドで破壊しながら、リズムが刻まれるときの青白い熱。盛り上がってしまった。
CIMG0040.jpg

その次はDinasour Jr. 去年はピクシーズで今年はダイナソーである。(もうこうなったら来年はStone Rosesで再来年はMBVとかなんじゃないの?という気分になる)思う存分30代を食い物にしてくれ。

ステージに高く積まれた冗談みたいな数のマーシャルのアンプ。ああもうウンザリするほどの轟音に高鳴る期待。そして登場する三人。僕がただ一人だけサインを持ってるミュージシャンがJ・マスシスで、ルー・バーロウは心の師匠だ。それが同時にステージに立って演奏している。しかもギターの爆音しか聴こえないかと思ったらしっかり歌もベースも聴こえる。すばらしい。一人陶酔。多分、思い入れのない人にはまるで届かない、そういう意味では全くフェス向きではないのがダイナソーJr.だ。だけどあの時代、このバンドのアルバムを熱心に聴き、無気力な世代と言われつつギターにディストーションを思いっきりかけて、下を向きながらスタジオに入っていたような連中にはしっかりとこの日の演奏は届いただろう。

以下セットリスト。ホントに最初の3枚からしかやらなかったな。
Gargoyle
Kracked
No Bones
Raisans
Bulbs of Passion
Forget the Swan
Little Fury Things
Budge
Tarpit
The Lung
Freak Scene
Just Like Heaven
Sludgefeast
Chunks

CIMG0041.jpg

ダイナソーの終わりあたりから、雨が降り始めた。雷も鳴った。あっという間に大雨になり、グリーンステージに着くとFatboy SlimのDJはとんでもない光景。激しい雨に打たれ、黙々と踊り続ける数万人の人々。宇宙人が見たら、これは地球人の宗教行事だと思うだろう。早々に退散し、オアシスで牛タン弁当(美味かった)を食った。(born slippyもかけたらしいし、その後は深夜のテントでやってるLONDON NITEにも飛び入りで参加したらしいし、身軽なオッサンである)

レッドマーキーでやったUnited State of Electronica。サービス精神旺盛。女子は二人ともむっちりしすぎだし、メインで煽ってるギターは中川家の弟みたいだし、ベースはMr.オクレみたいだし、とにかくビジュアル的に不利なのを逆に利用しているようなバンドで、ベタベタなヴォコーダーとキラキラしたパーティソングでとにかく攻め立てる。こういうのもフェスには絶対強いと思う。雨の一日を締めくくるパーティタイム。
CIMG0046.jpg

その後は雨上がりの会場をブラブラして、宿に帰って寝る。やっぱり夜遊びする元気はなかった。

7回目のFUJI ROCK FESTIVAL。もう惰性とか習慣とか習性とかそんな感じ。雨が降るらしいので、今年も靴はドクターマーチン。(二十歳くらいの時に買った靴だ。。。)雨とか泥には強いけど、とにかく足が疲れる。
CIMG0001.jpg

東京駅で「おれテンション上がっちゃって全然眠れなかったよー」とか言ってる若者の会話を聞きつつ、すっかりフレッシュさのないオッサン二人組みは苗場へ向かう。シャトルバスには並ばず、路線バスで宿まで。今年は去年に比べると相当いい宿だった。鍵はかかるし、トイレはヘンな泡のヤツじゃないし、親父は愛想いいし。

昼過ぎに会場について、まずはオアシスで飯を食う。早速知り合いに偶然会う。初めてのフジロックと言う彼女に先輩面して「天気がいいと楽しいけど、雨降ってきたら最悪だからね」とエラそうに講釈垂れてたら、その後に雨が降ってきた。小雨じゃなくて、しっかり降る雨。早速着替え。グリーンステージではSimple Plan、そしてCake。Cakeは良かった。
CIMG0003.jpg

ヘヴンに移動して、Tokyo No.1 Soul Set。ハイロウズと迷ったんだけど、なんとなく懐かしさに負けてソウルセット。クールに決めるかと思いきや、3人とも元気いっぱいハイテンション。「黄昏'95」が10年前か。。やっぱり器用なんだか不器用なのか全く分からないままの、不思議な音楽だった。
CIMG0015.jpg

ヘブンで食った「猪スペアリブ丼」。イノシシの肉。筋肉質で固い肉、でも脂は脂でタップリしてる。こういう場所で食うと美味いと思える。
CIMG0016.jpg

アヴァロンを眺め下ろす。3日目にはここで中村まりが演奏したのだ(僕はソウルフラワーで踊ってた為見られなかったが)。雨上がりで霞がかかる感じで、とてもいい雰囲気。
CIMG0018.jpg

ホワイトステージでPrefuse 73をちょっと見て、かっこいいのはかっこいいけどイマイチ乗り切れぬままグリーンに戻る。The Music演奏中。完璧にLED ZEPPELINになったんだね・・このバンドは。シートに寝そべって雨でやられた体を休める。ColdPlay(ものすごく退屈)が始まったあたりで、ホワイトへ移動。
CIMG0023.jpg

The Pogues。開演前のSEはソウルフラワーユニオン、喜納昌吉、ネーネーズなど。メンバーが現れて、盛り上がる観客。そしてシェーン(巨大な太鼓腹)が出てきた瞬間、どよめく会場。ちょっと歌っては、他のメンバーに歌わせてまたフラッと戻ってくる酔いどれ。他のメンバーは意に介さずかっちり演奏。楽しい時間だったな。酔っぱらいアイルランド系外人が突如大量発生の時間帯だったな。最後の「Fiesta」で会場は完全にどっかーんとなった。
CIMG0027.jpg

去年のグリーンに引き続き、今年はホワイトに登場の忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS。こちらも完全にお祭り。清志郎の完璧なステージ。「ヒロシです」ならぬ「キヨシです・・」でウケ、「サマータイムブルース」にガッツポーズした。絶対にCoversなんか知らないと思われる若いにーちゃんが”原子力発電所がたっていた”で、爆笑しながらジャンプしてた。ベタベタに王道のライブを、怯むことなく王道としてやり遂げるキング。最近はゴッドと呼ばれたいらしい。フジロックでのライブを新たな夏の定番にするつもりではないだろうか?
CIMG0029.jpg

というわけで、雨に降られながらもなんとか1日目が終了。雨のせいで写真も酒量も少なかった。

花火

| | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜日。新宿でお祝いの宴会。しゃぶしゃぶ。しかも安い。そして久しぶりに朝まで飲み。あんまり量は沢山飲まなかったけど、だらだらと。

日曜日。そのまま昼間は寝て、夜は味の素スタジアム。43000人の観客とともに、花火とビールとサッカーと。ホントは飲んで飲んで飲みたい気分だったんだけど、呆れて笑ってしまうことに、その後に仕事に行ったのだった。

月曜日。昼間は寝て過ごすつもりだったが、寝ていられず録画してた映画を見たり。夜はまた新宿で飲む。

帰り道、猫がにゃーと鳴いてうろうろしていた。きっと暑くて眠れないんだろう。

試合後、ちょっと気になってマッチデープラグラムをチェックしてみたら、加地、ジャーン、茂庭、金沢の4人がそろった試合は、今シーズン1試合も負けていないのだった。負けた試合は必ずだれかいない。それだけ層が薄いとも言えるし、この4人+今野+土肥という組合せはやはり相当に計算出来るとも言える。でも計算より何よりも、ちょっとした頑張りやド根性やラッキーや、そんななんやかんやが化学反応を起こすと4-0になってしまうという事実に今更ながら驚く。

鈴木規郎のフリーキックからのゴール(鳥肌!)は、後で録画を確認したら、壁が割れたところをすり抜けていったものだった。なぜあそこが割れたのか分からないが、そもそもがマンガの必殺技みたいなキックなんだからしょうがないだろう。今後も出続ければ、東京名物になる日も近い。あと馬場憂太はやはり中盤よりもFWの位置でこれからも見てみたい。あんな憎たらしいゴールを東京の選手が決めるなんて。

ジーコさんも見に来てたようなので、今野は代表に選ばれるんじゃないだろうか?

週末

| | コメント(0) | トラックバック(0)

やっと週末。ぎとぎとのラーメン食って帰る。3連休は日曜にサッカー見た後に仕事ですな。相手はマリノス。勝っておくれ。

TO*SCAの18禁東京評。下山けんとの独壇場である。

えー、これと同内容をですね、先日僕は延々と味の素スタジアムから新宿西口への直行バスの中でけんと本人から聞かされたわけで、その時も一体この会話を周囲の席の人はどう思っているんだろう?と赤面しながら聞いていた訳ですが、こうやって文章で読むとですね、文章の方が数倍上品ですね、やはり。

「おりゃおりゃ」「ああん」「もう耐えらンないッ…」とかを実際に声音を使って実演されたことを思い出すにつけ、彼にはやはりこうやってテキストで魂の叫びを吐き出してもらった方がいいのだ・・・と実感するのであります。しかし俺より歳下なのに、どうしてこんなにオッサンなのだ?

NHK-BSを録画。帰宅してから見始める。
90分後。ああ・・・勝った。素直に喜ぶ。一人で拍手。ちょいビール。

笑ったのは、戸田がヘディングでクリアしたはずのボールが結構なスピードで土肥の正面に行ったヤツかな。金沢が体ごと飛びこんで止めたのは良かった。茂庭は安定。石川は空転。梶山は・・・今日はそれなりに効いてたが。ロスタイムに沢登がフリーキックを蹴るところはもう入らないでくれと祈るしかなかった。ありがとう沢登さん。

とりあえず安堵なんだけど、もう次の日曜日は横浜戦なのだ。

ひといき

| | コメント(2) | トラックバック(0)

やっと一息つけるかな・・という程度に仕事が落ち着く。
家に帰ってコーヒー飲んで、たまってた録画を見たり、本を読んだり。

ただ、仕事に集中してた方がマシな気分のときもあったりして、なんとも身勝手なもんだな俺は。

ブログに何にも書きたくない日もある。

↓ホテルでくつろぐゴルゴ13。
DSC00576.jpg

降り続ける雨の中のゲーム。東すかは、予定枚数を全て配布。今は初めて配った時の2.5倍の枚数。地味にうれしいことだった。

試合。雨が降り過ぎる中で、確かに他のやりようはあったのかもしれないが、でもそれが本当に確率が高いことだったのか・・は僕には分からない。他会場ではそれなりに点が入っていましたね。(浦和に勝った大宮は見事。こういうことがたまにあるからサッカーなんだろう。)

試合後、早々に新宿に抜け出し少し飲んで、結局ニュースのことを知ったのは日曜日の午後だった。

正直、今はこの事件について言及するだけのパワーがないので、また近いうちに書きたい。

結局のところ、物事は拡散していって、ダメになる、ということだ。とっても美味しい料理を作るシェフがいたとする。その感覚的な作法でもって作られる料理を完璧なレシピにして、チェーンのレストランを作ったとする。でもきっとその味は再現されない。マクドナルドみたいにやりたければ、最初から美味しいものなど諦めることだ。マクドナルドが素晴らしく凄いのは、どこに行っても同じ程度に美味しくないということだ。その品質が一定に保たれることに対して、この社会は敬意を表する。

現在、「サッカーのサポーター」の品質を一定に保とうと思うならば、残念だけれども、とんでもなく低いところに基準を置くべきなのだろう。それがイヤなら、安易な拡散を避け、十分な教育を与えるしかないのでは?

いや、根本的な問題は誰かが押し付ける教育や他人の意見を自分の頭で判断せず、あっというまに受け入れ、大勢に乗り易い人たちなのかもしれない。素直で、頭も良くて、感じもよい。そんな人たちがヘンな動きを止めることが出来る可能性は極めて低い。まとまることなんて2番目以下に大事なことだ。一番大事なことは、自分で考え、自分の意見を持つことなのに。サッカーにおける帰属性とは、集団の中の一人になって精神の拡張性を得ることではなく、どれだけ集団の中にあって自分の独自性と他を調和させられるか/されられないかの闘争に過ぎないのだ。

川崎0-0東京。

等々力には仕事で行けなかった。その後飲んで、WEBで結果を知っただけ。またもや勝てず。。土曜日はヴェルディ戦。2試合連続7失点というとんでもないチーム。一体どうゆう前フリなんだ?

ということで次にいつエントリー出来るか分からないので見切り発車でリンクしますが、[東すか11号は7/9ヴェルディ戦にて配付予定]!!!。リニューアルして公開という感じなのですが、未だアンダーコンストラクションな感じがまた良し。

もうれつなおしごとのプレッシャーとストレスでちょっとうつろな感じ。単にいそがしいとかじゃないんだよな、せきにんとかそうゆうもんだい。まあフジロック行くまでの辛抱と思ってなんとか乗り切るさ。延々と愚痴だったり正論めいた戯れ言だったり書き散らしたいけど、まあそんなことは書かないですよ。

6月のエントリー数を見てみたら17件。Movable Typeにしてから最も書く数の少ない月となった。まあそういうことだ。

でそんなふうに大変なときに、僕が頼ってしまう神サマと言えば、ひょっとするとディランの詞なのかもしれず、いつもディランの曲をiPodで聴きながら家に帰るのだ。

「Oh, Sister」ではこんなことを歌いやがる。まったくとんでもない詞だ。

オーシスターよ、僕らは同じ目的を持って地上に生まれた兄弟みたいなものではないか。だから私が腕枕してもらおうと君に近づいていったとき、赤の他人のように冷たくあしらってはいけないよ。それは危険なことだよ

↓ディラン 歌詞 で検索したら出てきたサイト。
ディランの啓示

↓ああそうだ、映画もあるんだった。これは是非見ないと。
「ボブ・ディランの頭のなか 」日本公式サイト

サッカーのことからは逃避したいので映画など。

シネマライズでおわらない物語 アビバの場合
aviva.jpg
この映画は・・・何の為に作られたんだろうね。決して誰も幸せにしないし、現実から逃げさせてくれないし、もちろん感動して涙なんか流させてくれないし、お腹を抱えて笑わせてもくれない。共感は拒まれ、愛はどこにもなく、気持ちの悪い暖かさが周りを包む。

少女アビバを演じるのは、人種・年齢・性別すらも異なる8人の役者たち。40過ぎアビバ、ビッグでファットな黒人アビバ、激ブスアビバ、美少年?アビバなど、状況毎に役者が変わる。 なんだか童話のよう。そして他にも、気持ち悪さ、居心地悪さの固まりのような人物たちばかりが出ている。唯一幸せそうに見える中絶医師は、ガラス越しに見えるだけ。

「サンシャイン・ホーム」の皆どこか障害をもった子供たちの集団によると歌とダンスが最高だった。これほどの皮肉に満ちた笑顔は見たことがない。この善意の気持ち悪さは、余りにもこの世界の多くのことの暗喩になっていて、このシークエンスだけでもシリアスな映画1本とれる程なんだけど、まるでダウンタウンのコントのように描かれるだけ。

この映画を見て、ああ人生が豊かになったと思わないし、この監督は本当に天才だ!とも思わない。でも勿体つけた皮肉屋の、くだらない芸術ごっこには思えない。だからまたこの監督が映画を作ったら、見に行くと思う。そんな感じ。

サッカーのことからは逃避したいので音楽など。

電気グルーヴとかスチャダラパー

こうゆうCDが¥3,059ってのはホントにクソ高いと感じてしまう。Amazonで980円で色々名盤が買える時代に、相変わらず日本のCDはずっとこの値段。でも我慢して買ってみたら、別に買うほどのもんじゃなかったな、という残念なCDだった。シングルだけで十分。久しぶりに買って後悔のアルバム。

AV女優林由美香さん遺体で発見、死因不明

のニュースを、今朝、二日酔いでガンガンする頭で知った。悲しい。なんとも言えず、悲しい気分だ。