2005年11月アーカイブ

信頼

| | コメント(0) | トラックバック(0)

広島の小学生殺害。容疑者逮捕のニュースを見ながらiBookに向かっている。

11月も今日で終わり。仕事はとても落ちついていて、ひたすらダラダラしていたような気がする。

耐震強度偽造の事件もそうだし、この殺人事件もそうだけど、圧倒的な「他者への信頼の喪失」を目の当たりにした人々は皆、監視・審査の強化、危機意識の向上を口にするしかなくなってしまう。子供を一人で学校から帰らせるわけにはいかないから集団下校。防犯ブザー、携帯電話とGPSで子供の位置を把握。そのうち裕福な親は子供にボディガードをつけるだろう。つまり「他者への信頼」で成立していた低コストな社会が、高いコストを支払うようにシフトし始めているということだ。

本来、人類の進化の方向は、テクノロジーの進歩/教育の進歩で、どんどんと、こういった「安全」に払うコストを削減してきたはずで、その分だけ人間は随分とバカバカしいことに夢中になったり、つまらないことに人生の大半を費やしたり出来るようになった。暗闇の中の野生動物に襲われる危険はなくなり、代わりに思う存分だらだらとマンガを読んだり出来るようになったわけだ。それなのに今、またもや安全を確保する為に多くのコストをかける方向に進み始めているというのはどういうわけだろう?皆が銃を持つような社会は馬鹿馬鹿しいと分かっちゃいても、自分以外の全員が持っていたらどーすんだろ?

社会への信頼を支えているのは、おそらくは1)精度の高い教育、2)思考・欲望・モラルの標準化、3)それらに対する権威付け・・だと思うんだけど、おそらくこれがどんどん壊れてきてるんでしょうね。ニワトリが先か卵が先かになっちゃうけど、それが上手く回せなくなれば、当然のように安全確保が優先事項になる。

まあ個人的な嗜好で言えば、安全確保にコストをかけるよりも、教育/標準化を重視する方がいいとは思うんだけど、それは容易いことではないんだろうな・・・と思いつつ。

某西荻方面から借りた漫画。伊藤理佐の「やっちまったよ一戸建て!!」全2巻。

やっちまったよ一戸建て!! (1)

ああやっぱり面白い。この本の冒頭にも書かれているように他人の「やっちまった」を覗くことほど楽しいことはないのだ。「建もの探訪」をついつい見てしまうのも同じ心理。ただ、こういった建ものオタク的な人間は男性に多いような気がする。作者のように女性でここまで「やっちまう」人は珍しい。しかし、はて?俺はどうしてもこうも建築にひかれるのか?

建築というのは人類の歴史の中でもかなり古い部類に入る行為とその結果であり、それこそソフトウェア開発なんぞとは根本的に信頼性が違うという気がしている。そもそも業界としての成熟度が全然違う・・・というイメージがある。コンピュータシステムの開発は未だに未成熟で、できあがったものは不安定だったり、ユーザが望んだものと微妙に違っていたりする。設計者の意図はどこかで消え、不思議な実装が継ぎ足される。そんな未成熟な業界と比べると、建築業界というのは設計者から現場の作業する人の隅々にまで、建築という結果に対する共通のイメージが持てていて、設計した通りの構造を実現するための方法論もきっちりと存在する。誰も高いビルに上るのを怖がらない。なぜなら僕らはそれが倒れないことを知っているからだ。(というかそれを信じられない人は、現代では何も出来ない)

小さくて素晴らしいソフトウェアを作る人は、よい料理人に例えられるが、大規模なシステム開発は建築に似ている。

・・・という訳で、もっかのところの時事ネタで最も興味を持っているのは例の耐震強度偽造の事件なんだけど、マスコミはやっぱりくだらないことにばかりスポットをあてているのでかなり萎える。あの社長の人間性だとか、責任の所在はどこに!?とかヒステリックに騒ぐのも結構だが、これはもっと恐ろしいことを内包している事件だと思う。

構造計算書公開=オープンソースマンションという記事が非常に興味深かった。

社会はいろいろなものを「信頼」しないと回らない。失なった「信頼」は「検査」で回復することはできない。その「検査」が正しいとなぜあなたは「信頼」するのか?

つまり、それを回避する為にはオープンソースマンションみたいな発想が有効では?という訳だ。なるほど、と思うが未成熟なソフトウェア業界でも簡単になし得ないことが、建築の世界の標準になるのは相当難しいだろう。というか最終的には倫理の問題にまで行き着くのだ。建築コストを安くするために云々とかいうセリフを聞いているととても他人事とは思えんのよね。。。と、漫画の感想を軽く書くつもりがあらぬ方向へと進んでしまった。今日はこのへんで。

試合前に東すか配布。今回もすべてはけました。ありがとうございます。

そう言えば東すか配布所で、先日のライブの打上げの酒席で知り合った某氏より、こんな素晴らしいポスターを頂きました。フランス2部リーグのグルノーブルフット38のポスター。衝撃の高橋陽一キャラ!(マジでこんなファンキーなGKユニフォームなの?)やっぱり高橋陽一キャラは、どこの国に行こうがどんなユニフォームを着ようが変わらない。素晴らしい。
grenoble.jpg

試合の方は引分けでしたとさ。

来週はセレッソの優勝がかかった大一番。浦和鹿島には優勝して欲しくない。東京は肩の力がいい方向に抜けてノビノビやると・・・勝っちまったりしそうですね。さあ困った。あと、今野は長居でもしもゴールを決めてもあのダブルピースやっちゃダメよん。(とか言いつつそれを期待してたりするのだが)

ホーム最終戦。東すか14号配布です。

Peel Sessions

買いました。なんなんだこのジャケは。まさにギャラクシーの微妙なバランスを表現しているというか、しょせんNaomiさんが一番偉かったのは間違いないのだろう。音の方は、なんかMP3とかでネットに出回ってたような気がするので、ほとんど新鮮さはゼロ。唯一"Moonshot"というカバー曲が印象的で、これは聴いたことがあるぞと思ったので、iTunesで調べてみたらなんと↓このアルバムに収録されていた・・・・なんだこれもアンタがカバーしてるのか。よっぽど好きなんだね。いい曲です。

L' Avventura

親切なクムジャさんを見た。

「復讐者に憐れみを」、「オールドボーイ」に続く復讐三部作。つーか何でもかんでも「三部作」にしたがる世の中が少しおかしいのだろうが、人が気持ちよく感じるツボなのかな?「三部作」って。

好きか嫌いかを問われると非常に答えに窮するのだが、少なくとも気分爽快で元気が出るわけではない(当たり前だ)。でも、残酷な表現が不愉快極まりないかというとそうでもなかった。結論がどこにもないという極めて正統的な「映画」なのかもしれない。もうちょっとストイックだと好みなんだけど。

以下はネタばれあり。

ああ楽しかった。
今野は別次元の動き。攻撃でも守備でも、あらゆる場所で完全に周囲を威圧。その他の選手もとても集中していたし、見ててストレスのたまらない試合でしたね。ただし阿部勇樹はイエローをもらって、次節浦和戦で出場停止。なんか微妙に浦和のサポートをしているような気がする。セレッソとの最終戦はいったい・・・まあその時を待ちましょう。

茂庭はあの状態でプレイを続けていいものなのかしら?水曜も土曜も試合だと言うのに。他にも怪我しつつ無理している選手が多そうで、天皇杯までもつのか気になるところ。

意地の悪い言い方をするならば、もの凄い勢いで今シーズンの帳尻合わせ中のFC東京。ついに千葉まで破ってしまった。こんな帳尻合わせなら大歓迎だから、どうかこのまま調子に乗っちゃって下さい。怪我だけは気をつけて。

水曜日。夜は鍋とビール。いい居酒屋だった。ちょっと飲み過ぎたが駅までの長い道のりを歩いてクールダウン。
木曜日。夜は久々にフットサル。おおげさじゃなく、数分で息があがる。やばすぎる。
金曜日。夜は下北沢basement barにてDaffodil-19 presents "out of the blue Vol.2" 。プンクチルさんご出演ということで、ノコノコとライブ後の打上げにまで参加させて頂きました。すんませんただ飲みたかっただけです。ライブの方は、広いステージだったせいもあって久々にバンドっぽい感じを堪能。キラキラギターも良かった。Pastelsの"Nothing To Be Done"で思わずニコニコになってしまった。こうゆう場所にスーツで行くのが前はすごい嫌だったんだけど、最近は平気な気がする。

打上げの席で、こぐまレコードや東すかを見てくださってる方とお話出来たのですが、やっぱり久々に言われました必殺のセリフ「ネットで読んでるのと印象と違う・・・」(もちろん暴落って意味ですよ)

「君は文章だけ読んでる分にはいいんだけどね・・」とこぐまレコードがもとで知り合って長い友人にも言われるし、まあ文章とかそれをすごい勢いで流通させるインターネットってのはすごいなと今更になっても思う訳です。酒が口を滑らかにさせ、ああ言わなくても良いことを言ってしまったなんてことはよくある話しだけど、だけど全く話さないことよりはいいじゃないかと自分を慰める訳です。

寒くなってきた。

ぼんやりしたり、ダラダラしたりしても、たいした本や映画じゃなくても、なんかインプットがあればとりあえず日記に書くようなムードが自分の中で定着してるのが、なんとなく腹立たしい。ただ、自分に起きた出来事を記録しておきたい、という欲求はおそらくこのリンク↓の記事のようなアウトプットを想定してるんだろう。それがなんの役に立つかはともかく、だ。(そもそも「役に立つ」なんてことは関係ないのかもしれない)

人生のやり直しが可能に? ライフログが紡ぐ未来

80年間で11ペタバイト・・・なんて計算をきくと面白いことは面白いが、無性に空しくなってしまう。

枯草熱

| | コメント(0) | トラックバック(0)

現存する最も素晴らしい出版社、国書刊行会のスタニスワフ・レム コレクションでついに「天の声」と「枯草熱」が出た。

天の声・枯草熱

早速買ってきて、訳者のあとがきを読んだ。そこで驚愕というか赤面というか・・・この小説の存在を知ってからずっと「枯草熱」を「かれくさねつ」と読んでいたのだけど、これは「こそうねつ」と読むのが正しいそうだ。うーん、恥ずかしいけど、今分かって良かったよ。

土曜日。テレビでヴェルディ0-1C大阪、鹿島1-1東京。ヴェルディはそれほど悪いサッカーやってるようにも見えないんだけど、とにかく運が味方しない。もう自動降格の2チームはほぼ決まりではないか?

鹿島にアウェイで引き分けた東京。個人的にはヴェルディや浦和より鹿島が嫌いなんだけど、今年は結局1分1敗か。まあ昨日の試合は引分けで良しとすべき内容だったが、もっと運が良ければあの終了間際の浅利のボレーが決まったりしていたのだろう。

その後、高円寺へ。焼き鳥屋で少し(といいつつビール3杯)飲んでから、JAGBAND呑み快ライブ。いやー沢山入りましたね。非常にいい雰囲気で最後なんて気づいたらアンコールやってやがんの。いい気分で酔っぱらい、そのまま店で焼酎とか飲んで、気づいたら深夜の3時半。まだ皆は飲んでいたが、俺は思考能力ゼロで眠さが限界。だけどまだ少し体力が残っていたので、家まで歩いて帰った。11月も半ばを過ぎているというのに、あまり寒くなかったのか、俺の皮膚に下にそれを防ぐなんらかの脂肪的なものが潤沢にあるせいか、ともかく空を見上げると、なぜか爽やかに感じる深夜の散歩だった。

日曜日。疲れている。夜は新宿で韓国料理。ビールの後にJINROだな、と思っていたのだが思いのほか満腹になりすぎて結局飲まず。

昼。東京国際フォーラムで開催されていたJavaOne Tokyoなんぞに行ってきた。Java誕生10周年ということで、僕がこの業界で仕事をし始めたのとほぼ同じころ、確かに盛上りがあったなあと遠い目になる。Javaは今ではもうあらゆるところに普及しまくっていて、なんだかそう思うと不思議な感慨にとらわれてしまう。

夜。こぐまレコードミーティングっつうか。更新係がwhat's newに書いているように、こぐまレコード第3弾、呑み快のCD発売でございます。今度の土曜日には高円寺でライブもございます。CDもそこで買えます。お酒もいっぱい飲めそうで楽しみです。

ちょっと前にDVDで見た映画。チャン・ドンゴン主演、キム・ギドク監督の「コースト・ガード」
コースト・ガード

原題は「海岸線」だそうで、それでなんの問題もないと思うのだけど、そうも行かない事情があるのだろう。

とてもいい映画だと思ったが、スターとしての「チャン・ドンゴン」を使う意味は全くない。この映画なら無名の、だけどいい表情が出来る俳優を使うべきだろう。フォーカスが主人公に当たり過ぎてしまっている。チャン・ドンゴンに罪はない。北野武が「3-4x10月」で柳ユーレイを使ったように、わざと存在感のない俳優を置くことで表現される世界があったと思う。そこが少し残念。

ただ、キム・ギドクの映画には、どんな俳優が出ようが消せないリズムと映像と音楽がある。

人間は、彼や彼女が置かれた環境に順応する。遅かろうが早かろうが、順応は厳然たる結果としてある。

最近すっかり文字に対する集中力がなくなっている気がする。子供の頃は面白い本も面白くない本も、とにかく無茶苦茶に読めたような気がするのだが、どんどんとダメになっている。すぐ気が散る。すぐ眠くなる。モノの名前を忘れる。飲む。食う。ぼんやりする。太る。

「未来の文学」シリーズもついに最終配本。さあ読もう。

宇宙舟歌
宇宙舟歌
posted with amazlet on 05.11.08
R.A. ラファティ R.A. Lafferty 柳下 毅一郎
国書刊行会 (2005/10)

その前に復刊されて平積みになってたこれを読んでから。

時間の墓標
時間の墓標
posted with amazlet on 05.11.08
J.G.バラード 伊藤 哲
東京創元社 (1970/10)

ライズXで フリークス デジタル・リマスター版を見る。

1932年に公開され、その後長きに渡って封印。1960年代以降はカルト映画として多くの人に語り継がれてきたトッド・ブラウニングのフィルム。ついにこの目で見た。

「異形の者」が普通であったり標準のものに対して挑む闘争の物語、もしくは「普通」や「標準」が異形の者を迫害し排除しようとする物語。それは映画に限らず人類が物語ろうとする行為の原初からあったものであるのだが、この作品は本物のフリークスが見世物小屋の世界から抜け出してフィルムに納められた、という衝撃のせいでここまで重要視される作品になったのであろう。「心の醜いものこそが本当のモンスターである」というフレーズは正しくないし、どこか誤摩化しがある。人は「モンスター」にされてしまうことを畏れ、「モンスター」に出会うことを畏れ、そして自分も既に「モンスター」かもしれないと畏れているのだ。この世の中は常に、「普通であること」「みんながそうだと思うこと」と、逸脱していくもの、排除されるものの闘争である。フリークスが受入れられる為には、自分の異形を客観化して価値のあるものに再構築する作業が必要だし、同時に普通の世界の住人はいつも異形に魅せられてしまう自分たちを否定出来ない。

思えばこの映画は、大学の講義で知ったのが最初だった。その頃はこんな本を読んだりしたのを思い出した。

フリークス 秘められた自己の神話とイメージ
レスリー フィードラー Leslie Fiedler 伊藤 俊治 大場 正明 旦 敬介
青土社 (1999/08)
売り上げランキング: 299,708

畸形のシンボリズム
畸形のシンボリズム
posted with amazlet on 05.11.06
寺山 修司
白水社 (1993/02)
売り上げランキング: 342,542

いつものように早起き全開の朝、テレ朝の建もの探訪を見ていたら、同じく早起きな友人から「ナビスコ決勝、当日券あるんだってよ」とのメールが。天気もいいことだし、なんとなく行きたい気分になったので千駄ヶ谷に出かけたのでした。

超満員とは言わないものの、見事に国立競技場を埋めた黄と青。ああ、そういえば去年はこの場所にいたのだなあと思ったし、おそらくはかなりの割合で紛れ込んでいた、サッカーが見たいだけの”どちらのチームのファンでもない観客”としてスタジアムに来るのはかなり久しぶりだなあ、と思ったのだった。

最近のジェフの試合をテレビで見た限りでは、また先週の味スタでのG大阪を見た限りでは、ジェフの勝ちなのではないかと予想していたのだが、ガンバは見事な守備をしてましたね。どちらかに1点が入ればおそらく堰を切ったようにアタックの連続になったのだろうが、点が入ることがなく試合は終盤へと進み、これはPK戦かもなあと思ったのだった。PKの最後のキッカーが巻だったのは、去年の東京の5人目が加地だったのと一緒で、「大丈夫かよお・・」というジェフのサポーターたちの息遣いが聞こえてくるようで楽しかった。

どちらのチームもきっちり自分たちのサッカーをして、つまらない演技も、くだらない時間稼ぎも、目を覆いたくなるような汚いプレーも、ヤバい判定もなくていい試合だった。それに両チームとも下部組織出身の若い選手が中心で、なんだかとても爽やかな午後だった。

ついにタイトルを獲ったジェフ。オシムはまさに「あなたに会えてよかった」という存在なのだろう。

(その後は池袋にて「四川火鍋」などを食して適度に酔っぱらい。11月だというのにとても暖かい一日だった。)

赤羽39

Theピーズ最新アルバム。

戻らない人生も/半分はとっくだな/マチガイも暖めよう/今更リセットもないさ/死ぬまで泳いでいく/くたびれたかいそうかい/溺れるまでサボるかい/誰も手貸し切れないさ/外道にもなれた/卑怯にでも/で、どうにか生きた/ショイ込んで続くんだ

40にして惑わずって言葉もあるけど、そんなのと全然無縁で40歳までなんてあっというまなんだろうな、と今から思う。「おっさん玉砕中/どうすんだ40/ハッピーか/健康か/赤羽か/40」ってことだ。

でもまずは体だな、1曲目なんて「体にやさしいパンク」だもんな。体が動くおっさんは大丈夫だ。なんとなく。

早起き苦にならず。13時の飛田給。日曜日は34000人、今日は7000人。

福岡ってこんなに無名の選手ばっかりだっけ?と思ってたら、J2リーグに専念するために今日はメンバー落としていたらしく、今年から天皇杯の日程が少し前倒しになったのが裏目に出ているというか、まあそりゃ昇格の方が大事ですよね。まあその昔二兎を追ってエラいことになったチームもあったしね。

2-0は極めて妥当という試合でした。

Nihongo : ポールギルバート先生の日本語講座
Mr.BIGには全く何の思い入れもないのだが、なぜかこの人のサインが印刷されたギターピックが家にある。。

Zope:日本のネットベンチャーが技術革新よりも 「ネット財閥」 をめざす理由
みんながテレビ視聴に費やす時間はどんどん減っていくだろうに(それでもやっぱり欲しいのかなあ)・・と思いながら、テレビをつけたら実写版の「火垂るの墓」やってた。松嶋菜々子がいじわるなおばちゃん役やってるのだが、セリフがそのまんま番組趣旨の説明だったからびっくり。「これが戦争よ!」ってアホかこの脚本。

手巻き式ピアノ
欲しい。

引き続き風邪なのでもう寝ます。