2006年3月アーカイブ

中古販売実質容認報道の罠
このビンテージ品に対する特例措置は、PSE法の問題を認識した上での対策というよりも、有名ミュージシャンらによる反対運動封じという側面は否めない。さらに除外するビンテージ品のリストを、行政が作るという。面白いと言うと不謹慎かも知れないが、これが実現すれば、国家認定ビンテージ品というのが誕生することになる。おそらく世界初の試みであろう。

などと小寺氏の記事で危惧されていた事態がホントになった。→PSEマーク不要の「ビンテージ物」、機種一覧を公開

まったく泥縄式というか、腹立たしいことこのうえない。PSE法については色んな議論があり、単純に悪法だよねで片付けていいものではないと思うのだが、坂本龍一をはじめとする権威ある文化人の声にはあっという間に土下座する豹変ぶりには情けないと言うほかない。そしてついに世にも奇妙な「国家認定ビンテージ品」リストが出来たわけである。

このリストが本格的に流通するような事態になれば、「ビンテージ」と「ガラクタ」に明確な線引きがあるという図式が成立する。その図式そのものが「ビンテージ」という価値基準自体を崩壊させてしまうことに気づかないのか?というのが率直な疑問である。

もともと価値があると認められていたり、ある程度のポピュラリティがあるモノはそもそも絶版にはならない。そういった一般的な価値基準から距離をおきながらも、新たな価値基準を探し出して、それを提示してみせるのがビンテージ愛好家や、世の中のひねくれ者たちの仕事である。そうやって生まれた新たな価値基準が、多くの人に伝播していくことで「ビンテージ」の価値基準が成立する。例えばジーパンのビンテージものを想像してみればいい。それを最初に稀少品だと決めるのは誰だ?それはやはりごく少数の変わった人たちなのだ。

つまりビンテージリストを国が提示するということは、「国」がこれからはその変人さんたちの作業をやってあげますよと言っているようなものであり、国が多数者の利益を代表する装置であるとするなら、これが大いなる矛盾でなくてなんだというのか。(というか出来るわけがないのだ。)国が「文化」を保護するというのは、そうゆう意味では全然ないのだよ・・・という情けない気分になってしまった。

おそらくはクソ真面目で博識な人たちが、とても頑張ってリストを作ったのだろう。でもね、例えばAKAIのサンプラーで、S900とかMPCは当然入っているのだけど、僕が持っているS01という最下位機種は入っていない。まあ当然だとも思うが、そんな厳密なリストを今後もどうやって維持していくつもりかね?全部坂本教授にお伺いたてるかね?DJプレミアにもお伺いした方がいいよね?そんなくだらないビンテージ認定制度を維持する為のコストって無駄だよね・・・ということです。まったく呆れたニュースだ。以上。

「惑星ソラリス」原作者 スタニスワフ・レムさん死去

"SF"を小説のジャンルから、知性と不可分の思想にまで高めたのは、レムの小説があったからかもしれない。ノーベル文学賞の候補にあがったこともある。絶対に若いうちに読んだ方がよい。頭がよくなるような気がするから。(それは勿論レムの小説の罠にはまっているだけなのだが)

ハヤカワ文庫で「ソラリスの陽のもとに」を読んで衝撃を受けてからどのくらいの月日がたっただろう。レム・コレクションはうちの本棚の中でも目立つ場所に自慢げにおかれている。そういう作家なのだ。彼の残した小説たちは、まるでソラリスの海のように僕らの目の前に広がっている。

ソラリス

飲酒生活

| | コメント(0) | トラックバック(0)

金土日月飲みっぱなし。今朝もまだ全然酒が抜けていない。そして眠い。いろいろとやらなければいけないことがあるのだが、全然手がつけられない。

この日記にも「料理」というカテゴリを追加しようかと思うほど、引越してからは料理をしている。前に住んでいた部屋はIHコンロ×1、ミニ冷蔵庫だったせいもあってまったくやる気が出なかったのだが、そもそも僕は料理をするのは嫌いではないのだ、ということを最近思い出した。

最近作ったものはぶり照り焼き、タイカレー、肉じゃが、豚汁、タケノコ御飯、豚しょうが焼き・・・・おかずは多めに、御飯は少なめにしようと思う。

ただ、やっぱり料理が本当にうまい人になるには、自分にはある種の慎重さが決定的に欠けているような気がするのである。あとバランス感覚も。

4連休の人もいるであろう土日月火。日曜月曜と出勤したので、なんだかサッカーの日しか休んでないな。うららかな日。新居からは結構アクセスがよい武蔵小杉。久しぶりの等々力陸上競技場。

試合中にビールを2杯。だからって訳じゃなく、清水戦よりはたいそう面白かった。

まだ色々な選手の組合せ・やり方を試行錯誤の時期か。なんだか付き合い始めのカップルのように初々しいと言ったら人が良すぎるだろうか?でもとりあえず川口信男さんは皆の信頼を得た模様だし、実践を経て選手と監督の相互理解もそれなりに出来てくるでしょう。どういったチームになるのか興味津々だし、ニセ湯浅の今後も気になるところだ。

京都戦は所用により欠席濃厚。

朝からいい天気。昨日寝たの3時くらいなのにもう目が覚めた。おお、今日もサッカーだ。最近怒濤の更新が行われている東すかのサイトであるが、けんとのツバが飛んできそうな勢いのテキストである。その最後に、

TO*SCA: 清水戦その後
最後に、たわごとですが。 何年も前から僕は言っていたことなのですけれども、やはり磐田のドゥンガのような世界トップレベルでチームを牽引できる熱いキャプテン、リーダーシップと信頼できる経験を兼ね備えたボランチ外国人選手が必要ですよ。 目の前に最高のお手本がいることが、飛躍的な成長を促しますから。

という文章があって、先日の清水戦の後に思ったのがまさにこれだった。東京の選手のクソ真面目さが悪い方に出ると、「何をやっていいのかわからない」「ミスしたくない」「指示して欲しい」という悪循環に陥ってしまうわけだが、じゃあそんな時に誰が試合中にケツを叩くのかというと、その人材が全く見当たらないのだ。

最初は誰か「お手本」が必要だけど、それは徐々に誰かに引き継がれていけばいいし(ドゥンガ去りし後の磐田はやはり藤田・名波が引き継いだのだろう)、いつまでのその選手に頼るようなことでは本末転倒だ。うーんいったい誰がいいんだろう・・と思っていたら寝ぼけた頭で・・・けんとがボローニャとか書いたからかもしれない・・・出場機会に恵まれていない中田英寿とかいいなあ・・という妄想が始まったのだった。

いや、そんな妄想の前に試合だ試合。今日こそは頑張ろう、ということで。

※早起きしてしまったのでこれから午前中の間は部屋の整理をする。引越しして一ヶ月がたとうとするが、ようやく部屋らしくなってきた。まだ道は長いが、頑張れ>俺。

土曜日。飛田給でサッカーを見たあと、新宿武蔵野館でクラッシュを見た。本年度アカデミー賞作品賞ということもあり、おまけに同じ劇場では同時にブロークバックマウンテンも上映していたので、とても混んでいた。

映画はとても良かった。これでもう「クラッシュ」と言えばクローネンバーグの「クラッシュ」じゃなくなったな。。

部屋はまだまだ片付かない。

火曜の夜。恵比寿で焼肉。
水曜の夜。無印良品のスチールユニットシェルフ(旧型)を組む。これで部屋の大まかなレイアウトは決まった。
木曜の夜。目黒で飲む。帰りは強風。
金曜の夜。仕事帰りに東急ハンズによって、エポキシ強力接着剤と、木材(図面を書いてカットを依頼)と、滑り止めシートとかを買う。木材はシェルフの棚板に。強力接着剤の使い道は・・・また今度書きます。

という訳で、金曜の夜だというのに今からまたひたすら部屋を片付けるのです。要らないものいっぱい捨てたはずだったんだけどなあ、まだまだあったなあ。。

追記:更新係が、


what's new
コレクションの壮観な収まりっぷりより、棚周辺に散逸する無印良品グッズが多いことのほうが気になったよ。あと、これはおれもそうですが、買った靴の空き箱を再利用するのは、長男の特徴ですかね。

と書いているのだが、「買った靴の空き箱」は再利用されているのではなくて、実は靴がそのまま入っているのだ。下駄箱に入りきらなかった分。たくさん捨てたんだけど、まだ捨てられないのが残っている。

クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー

CD棚もなんとか無事に崩れずに2日間が経過した。月曜の昼間に地震があったときは本当にびびったが。

最近ライブラリに加わった"Clap Your Hands Say Yeah"。バンド名からは想像出来ないけど、音はTelevisionとかTalking Headsを思わせる。つーか声がモロにそれ系なんだけど、音は割とストレートな感じもする。少しスウェードも入っているかも。もう既に人気らしい。

最近のこういう新人バンドが普及していくスピードは、インターネットのせいもあって、異様なまでに早くなっているような気がする。自主制作であっという間にここまで届いちゃうんだもんな。いいか悪いかは別にして、その伝播力の強さは凄まじく、アホみたいにレコード屋を回ったり、友達にカセットテープにダビングしてもらったり、雑誌の数行のレビューを頼りに輸入版を買ったり・・・というコストを支払う必要もなく、ネットで試聴して安く購入出来る。まああらゆるところでそういった事象が起こってる時期なんだな・・・というあまり音楽とは関係のない感慨を持ちながら、この奇妙にねじれてポップな音楽を聴いた。

書庫

| | コメント(0) | トラックバック(0)

東急ハンズで買った棚を土日で作り上げる。天井に突っ張る方式。二人掛かりの大仕事。その後にひたすらCDとかDVDを詰め込む。これでほとんど全ての本とCDは棚に入った。眺めているだけでかなり気持ちいいのだが、地震が心配になってきた。

newroom.jpg

うつせみ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

キム・ギドクのうつせみを見た。結婚した日に見る映画が、幽閉されている人妻と、留守宅を転々とする青年の物語であるというのも、なんともいい選択だったと自画自賛。

やはり天才。途中からあらぬ方向に展開していくのは「サマリア」のようでもあり、男と女の二人だけの世界という意味では「悪い男」のようでもあり、仙人的という意味では「春夏秋冬そして春」のようでもあり、でもやっぱりどこに連れて行かれるのか予想出来ないのが良い。細部でツッコミどころ満載だというのも、虚構感を出す為に巧妙に仕掛けられた罠なのか、天然100%のなせるワザなのか。とにかくガンガン映画をとっているみたいなのでとても嬉しい。

以下は内容に触れているので、見る予定の方は読まない方がいいと思います。

入籍

| | コメント(3) | トラックバック(0)

朝起きて、冷凍のうどんをゆでて食う。
バスに乗って区役所へ。婚姻届を提出。
昼。某所にて記念写真。
夕。恵比寿にて、「うつせみ」鑑賞。
夜。某所にて食事。

という訳で、詳しくはここに書くかもしれないし、書かないかもしれませんが、(既に東すかに書いて何千枚も出ているのですが)、とにかくご報告しておきます。こんな日にも日記をアップする自分にかすかな狂気を感じますが、まあそれもまた人生でしょう。

告知

| | コメント(0) | トラックバック(0)

JAGBAND呑み快が飲み放題のライブをやるというそのまんまの企画があるそうです。僕も体調が戻っていたら行こうかなと。しかし安すぎ。

3月11日(土)
高円寺居酒屋「山おやじ」
OPEN 19:00 START 20:00
オープンから演奏終了まで呑み放題!
で、たったの¥2500ポッキリ!

で4月1日は横浜で横浜西口ジャグバンド・フェスティバル VOL.5にも御出演だそうで、春に向けて何やら盛り上がっている様子。(お、でもその日は同じ横浜でサッカーじゃないか・・・)

風邪

| | コメント(0) | トラックバック(0)

金曜日。朝から区役所、銀行などへ行って手続きなど。仕事後はまっすぐ帰って来て料理。
土曜日。髪切って、たくさん買い物して、夜はステーキを食って、12時過ぎには猛烈に眠くなった。
日曜日。朝から喉が痛い。風邪ひいたのか?開幕戦なので飛田給に出かける。

でもって、今日は仕事に行ったけど、鼻も喉にもきてるので風邪確定のようです。寝よ。

ササのかっちょいいゴールで先制し、リチェーリの抜け出しで追加点。その後はそれなり要所を締めつつ展開。本当に大分が万策尽き果てていたのか、東京が巧みに展開したのかは定かではないが、後半の最後の方はもう完全にゲームはどちらのものか明らかだった。上位を狙うチームとあたる前の3月の間にどれだけ熟成出来るか?がポイントですね。

それはそれとして、試合前に東すかの配布所にいると、大勢の人から「今年もよろしく」なんて声をかけてもらったりして、まるでお正月みたいだな、と思った開幕の日。そう、やっぱりこの日から始まるんだと実感。あと、久々にサイトヲくんの天荒雄飲ませて頂きました。ありがとうございます。うまかったです。

運動

| | コメント(0) | トラックバック(0)

久々フットサル。仕事が抜けられず、少し遅れて着いて50分くらいだけやれた。ファーストタッチで素晴らしいシュートが決まったんだけど、その後はミスばかり。あかんなあ。

日曜日は開幕戦。
新監督によるフレッシュなチームを観戦するさいは、珍編集部によるフーリッシュなフリーペーパーをお手元に!
ということで、私も性懲りも無く書いております。よろしくお願いします。

生活

| | コメント(0) | トラックバック(0)

新しい環境になって5日が過ぎた。まだ何がどう変わったのかは分からない。食生活は確実に良くなったし、部屋中に溢れかえっていたモノたちを再構築するというのは、非常にヘルシーな行為であるように思える。他にもいろいろ。ただ、必要なモノをまた買っていると毎日お金がみるみる消えていく。

今日買った本。
調理以前の料理の常識—基本の知識253
ちょっと立読みしたらすごく勉強になりそうだったので買ってみた。

沖で待つ
「勤労感謝の日」という小説の17ページでニヤリ。表題作は明日にでも読もうと思う。