2007年6月アーカイブ

テレビ画面サイズの映画メモ。

レイクサイド マーダーケース
レイクサイド マーダーケース
青山真治監督作品ってユリイカしか見てない。なんというか、深い理由もないんだけど。

この映画はちゃんとしたミステリが原作で、どうも真面目にミステリ映画をとろうとしているような感じなんだけど、端々にヘンなところがあって、そこが良かった。こわーい感じの音楽とか、泡ぶくぶくとか、本当はベタな演出とかやらないのに、過剰に「映画」を愛している感じが伝わってくるというか。子供が3人、トヨエツと役所広司の前に並ぶシーンが良かった。(あそこから更にグチャグチャのホラーになったら、そりゃもうジョン・カーペンターだろう。)


アイ,ロボット
アイ,ロボット 通常版
こういう映画見て、おお「アイザック・アシモフ読んでみたい」とか思ったりするんだよな。中学生とかって。いいなあそんなお年頃。という映画とは全然関係ないことを思った。とりあえずSF大作に出てくる「美人女性研究職」は、なんというか、あり得ない感じが実にいいなあと。


エイリアンvsヴァネッサ・パラディ
エイリアンvsヴァネッサ・パラディ
ダメ映画。時間の浪費。でも見ちゃったのはヴァネッサ・パラディ(なんか凄い痩せててびっくりした。)を見たかったから。かわいかった。以上。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

今回は少子高齢化の進む世界について。その昔のウルトラQ、ウルトラマンとかウルトラセブンとかが、当時の社会を映した特撮ドラマだったのと同じように、攻殻機動隊のテレビシリーズってのは、そういう話題にガンガン突っ込んでいく姿が素晴らしい。今の日本映画は「人が死んで悲しい」系かヒットした漫画原作ばかりで、なんとも寂しい状況なのかもしれない。

ブリッジ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ブリッジ

世界最大の自殺の名所「ゴールデンゲートブリッジ」。1937年以来、1300人もの人がここで自殺しているという。そこにカメラを設置し、実際にジャンプする人を撮影したのがこの映画である。

映画を見ている最中から、そして見た後もずっと、身体にまとわりついているのは、なんとも言えない不快感だ。撮影者たちは否定するだろうが、明らかにこの映画は直接的に「死」を見せ物にしている。(映画というものは多かれ少なかれ「死」を見せ物にするものではあるけれど)そのことに対する不快感というよりも、それを深刻な顔して見に来ている自分自身への不快感かもしれない。

最近読んだ本。子供向けに書かれているけど、オッサンにもグッときます。色々忘れてて悲しくなったりもするけど、子供の頃に算数/数学を習った時は、こんなふうに考えて理解した訳じゃなかったな・・という気がする。あれは覚えていたのであって、学んでいたのではなかったのかもしれない。グレッグ・イーガン読者ならずとも、いつかは「真理鉱山」に行ってみたくなってしまうような名著だと思う。

はじめまして数学〈1〉自然数を追え、無限を掴まえろ!
はじめまして数学〈1〉自然数を追え、無限を掴まえろ!

はじめまして数学〈2〉ベクトルをまわせ、ドミノを倒せ!
はじめまして数学〈2〉ベクトルをまわせ、ドミノを倒せ!

はじめまして数学〈3〉二階建ての数「分数」の世界
はじめまして数学〈3〉二階建ての数「分数」の世界

金曜日。飲みに行かず帰宅。録画してた映画などを見る。
土曜日。映画行って、料理して、独りで酒飲む。
日曜日。買い物行って、昼寝して、夜は高円寺でPunkchillのライブ見て、その後打ち上げで飲み過ぎてタクシー帰宅。まったく学習しない。ビールが290円とかで安い!と思ってぐびぐび行ってたら、結局タクシーだもの。朝起きて頭痛がひどい。でも仕事に行く。

水曜どうでしょうの新作、テレビ朝日でやってたということを今日知りました。録画しそこねたので、どなたか貸してください。

COYOTE

| | コメント(2) | トラックバック(0)

COYOTE(初回限定盤)(DVD付)佐野元春の新作「COYOTE」。僕がこのブログをcoyote noteなどと名付けたのには深い意味は全くなく、「こぐまレコード」と同じ「こ」で始まる言葉だったら何でも良かったのだが、こんなに長い間このタイトルで日記を書いているとそれなりに「コヨーテ」という言葉にも愛着がわいてくるわけで、だからこのアルバムタイトルはちょっと嬉しかった。

「コヨーテ男」が主人公のアルバム。とてもいい。

もう十分過ぎるほど大人になった我々に、コヨーテ男が話かけるのだ。「調子はどうだい?」(もちろん翻訳調の話し方で)/僕はうつむきながら、あいまいに笑うしかない。コヨーテ男は歩きはじめる。その先には海。エンドロール。そんな感じ。

宇宙は歪んだ卵
世界中に知らせてやれ

「コヨーテ、海へ」

平日だし、味スタだし、行くのは無理かなと思っていたのだが、なぜか前半途中から見ることが出来た。

甲府のサッカーはショートパスの丁寧なつなぎが好感が持てるのに比べて、東京のなりふり構わぬラスト15分はなんとも切なかったが、まあ勝つというのはこういうことなのかもしれない。リチェーリは出てきていきなりイエローを貰ったので、退場があるかもよとか言ってたら本当に退場になった。その時にとてもアツくなってた増嶋がよかった。

試合後、バックのコンコースに、スクールの子供たちの引率なのか?奥原と迫井がいて驚いた。周りもみんな知らないのかスルーな感じで、だからと言って俺がきゃーとか言うわけにもいかないのだが。奥原のプレーを初めて見てびっくりした日々は遠くになりにけり、である。

日曜日。暑い。赤い人たちがたくさん乗っている電車に乗って飛田給へ。見た目にも、耳にも、うるさい。

まあ彼らも我々も、所詮ここよりもいい遊び場所を知らないという意味では同じ程度に悲しい存在であるということにしか、慰めを見いだすことが出来ない一日であった。試合中にビールを3杯飲んで、試合後にはタイ料理でビールとワイン飲んで、更に家に帰ってからビール飲んで、まあそういう日でした。

Don't you know you might find
A better place to play

"Don't Look Back in Anger" by Oasis

先週の日曜日のプンクチルのムービーをYouTubeにアップ。前回のPastelsのカバーはコメントもついたりして、500回以上再生されてて、YouTubeおそるべし。今回はVelvet Undergroundのカバー。"it's so cold in Alaska, it's so cold in Alaska"と歌われるが、東京は今日も暑い。

シネマヴェーラ渋谷にて、官能の帝国 ロマンポルノ再入門。真夏日の午前中からロマンポルノを見るというのも、なんともヘンな休日の過ごし方だが、まあいいんじゃないでしょうか。

八月はエロスの匂い

藤田敏八(今更だけどサッカーの藤田俊哉とまったく同じ読みなことに今日気付いた!)監督作品。前半はデパートガールの現代風(つーか1972年だけど)の恋とかセックスの話かと思いきや、ヒッピー風の若者5人組を追いかけ出す途中からドンドンおかしな展開になっていく。浜辺でジャックスの曲(Love)のあたりとか、もう完全にクレージーとしか言えない演出の映画になってて、不条理なエロスというよりも不条理な生そのものを感じさせる映画になっている。よくもまあこんなシロモノがポルノとして認められたもんだ。

美少女プロレス失神10秒前

夢の島大学と八王子大学のプロレス愛好会同士の抗争を描いた青春スポ根ドラマ・・・ってもうタイトルと舞台設定の時点でおかしなところだらけ過ぎるんだけど、迫力の(というかギャグばっかりだけど)エロシーンおよび更にド迫力のプロレスシーンが満載で、あまりのバカバカしさに戦慄を覚えた映画だった。女優さんたち、明らかに濡れ場よりもプロレスシーンでの気合いが凄いし、相当練習したと思われるキレのある動きだった。音楽はスペクトラムで、これまたカッコ良くて新鮮。監督の那須博之の華麗なフィルモグラフィー(?)の中でも、この作品が死後に上映されると予想出来た人はいなかったであろう。

ギター

| | コメント(0) | トラックバック(0)

眠いのだけど、久しぶりにギターを弾いたりしたくなる。雨の夜で、近所は静まり返っている感じ。

少し前にTres pesos:ヒートウエイヴ、廃盤も含めてi−pod用にアップできず(判決出る)を読んで、そっから満月の夕読んで、手書きのコードを見て、なんかその「手書き」な感じにぐっと来たのだった。

↓こんなガジェットがあんのね。

日曜日の試合、J SPORTSの録画で見た。ノリオの凄いシュートはホントに凄かった。東京の元磐田3人(金沢、川口、福西)とエスパルスが戦うところを見ていたら、静岡ダービーの変奏曲のような気もしたが、目立っていたのはノリオとか梶山。梶山がこれぐらいずっと中盤で君臨し続けていればいいのだが。。磐田と言えば、今週、菊地直哉が逮捕された。おどろいた。

あと、こういうニュースの時になると、「Jリーガー」という最近は余り使わない言い回しが多用されることに気付いた。だから何だというわけではないが。

映画メモ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

毎日飲んだくれているばかりではなく、本や漫画を読んだり、もちろん仕事だってやっている。映画は映画館で見るべきだとは思うのだけど、ケーブルテレビでやってる映画も時々は録画して見たりしている。

遊星からの物体X
遊星からの物体X
ジョン・カーペンターの傑作。子供の頃に深夜にテレビで見たような気がする。今にしてみれば、ジョン・カーペンターは結局この映画のテーマを延々と繰り返し繰り返し、映画を作り続けているのかもしれない。

クローン
クローン
これは昔見たことがあった。ディック原作(短編「にせもの」)の映画化で、ファンにも割と評判がいい。確かにディック的悪夢の世界観に忠実で、まあまあ好感が持てる。

さよならみどりちゃん
さよならみどりちゃん
メシを作りながら適当に流し見た。星野真理よりも西島秀俊の壮絶なだめっぽさが印象に残る。古いユーミンの曲がいい。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
面白くてびっくりした。J.D.サリンジャーのサイバーパンクバージョンとでも言えばいいのか。これは再編集版だったので、完全版を見るはめになりそう。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
こっちはパトレイバー2っぽいかも。「個別の11人」とは、サッカーの喩えか。繋がりたい/繋がれない「我々」への軽蔑と愛の物語。

うーん。。他にもいろいろハードディスクにたまっていて、全部見ることが出来るのか不安だったりする。

大日本人

| | コメント(1) | トラックバック(0)

松本人志第1回監督作品 「大日本人」。見た。

僕は「松本人志」も「映画」も相当好きな方だと自覚しているのだが、この映画を見る前に気をつけていたことは「松本人志」×「映画」という捉え方で見てはいけない・・・ということだ。理由はないけど、「松本人志」にまともな「映画」が撮れるはずがないからだ。だからカンヌに出すってのも悪い冗談だと思ったし、北野武と比較したりするのも笑止千万だと思っていた。で、見終わってから思ったのは、やっぱりそのとおりのことだった。「カンヌ映画祭」で映画を選びたい人には向いていないし、北野武とは何の共通点もない。そして、面白いかどうかを人に問われたら、面白いと答えるけど、そこに何のためらいもないかと言うと、そうでもないという感じである。

今週は、バリ旅行の写真とムービーを編集してDVDにまとめるということをやっていたら、えらい時間がかかってしまった。iMovieとiDVDでの作業自体はとっても簡単なんだけど、動画の読み込みとかエンコードとかは待ち時間が結構ある。昨夜は漫画読んだり、テレビを見たりしながらダラダラと作業。DoCoMo2.0って最悪やなあ・・・と久々に気持ち悪いCMを見て思ったり、「アメトーク」が華の47年生まれ芸人特集で、なんというか既に同い年は世代論やオッサン的性質を笑いにする時期にさしかかっているのだなあと感慨深くなったり。

読んでた漫画は以下の2冊。おもろかった。感想はまた別途。
僕の小規模な失敗
やっぱり心の旅だよ

RHYTHM MEBIUSあたりまえの話だが、こういう音はiPodとかMacBookで聴いてもあんまし面白くなくて、ちゃんとしたスピーカーで響かせながら聴くのが一番効果的。ドラムにベースとギター、そしてミックスが空間をひたすらかき回す。休日の午後、部屋でリラックスして、漫画でも読みながらコーヒーを飲んでる男がいて、傍目にはああ落ち着いてるなあ・・・と思わせるんだけど、実は男の心の中はありとあらゆる不安や妄想が渦巻いていて、すっかり取り乱している・・・というような状況にぴったりのBGM。わかりにくいか。

日曜日。「大日本人」を見ようと思ったら満員だったので、シネ・アミューズで「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」。これも結構混んでた。

だいぶ前に町山ブログで紹介されてたのでなんとなく覚えていたのだが、確かに強烈で悪辣で悪趣味で下品で、しかも困ったことに面白い映画だった。「笑う」という行為を突き詰めていくと、そこには「差異」の迷路が待っている。差別ネタが禁忌であるから笑うのではなく、禁忌に対して笑うか/忌むかの反応を取らざるを得ないのが、人間だからだ。

同一性と差異の混沌であるところのアメリカ(ボラット風に言うならアメリカと合衆国)を旅するボラットは、そこで人間はどういった鎧を身にまとって生きているかを、淡々と(もしくは大変に騒々しく)レポートする。ボラットによって蛇口をひねられ、悪意や無知や偏見を垂れ流す人たちの表情は、どれも醜さに溢れているかというとそうではないし、ボラットの仕掛ける罠に比べればなんとも言えない無垢な感じさえある。更にはその「ボラット」という問題発言誘発の装置さえもが、その本来の目的を偽装するような巧妙な構造(まあ卑怯と言えば卑怯)を持っているので、結局剥き出しになった「アメリカ」は、その場に無惨にほったらかしにされるのである。まあそれでも結局、この映画のように「娯楽」としてすべてを回収/消費するだけの強力さをもった「アメリカと合衆国」なんだけど。

ボラットというキャラクターは、ほんの少しの例外を除いて、誰からも愛されず/しかも憎まれもしない。その「相手にされなさ」は見ようによっては相当に切ないし、それがなかったらこの映画はただの悪ふざけとして一瞬で忘れてしまうようなものだっただろう。

6月。爽やかな週末。しかし結局飲んでばかりいたような気がする。

日曜は渋谷で映画を見て、終わったのが18:40くらいだったので、急遽国立競技場へ行くことに。オリンピック予選。日本と韓国。あそこまで力の差があるとは思っていなかった。実によくボールがまわり、パスが通り、しかも点も入るという理想的な試合。前半途中で早くも韓国女子代表は足がとまり、一方的に攻撃の練習をされているかのようでした。一人一人のテクニックなどを見るとそれほど大きな差があるように見えないのだけど、チームとしての差はとても大きかったということか。客席には子供とか女子サッカー部っぽいジャージの集団とかがいっぱいいて、いい雰囲気だった。

国立のビールは500mlで550円。(味スタは350mlで500円)1リットル飲んで帰宅。

グーグーだって猫である (3)更新係とかぶってて気持ちワルい限りだが、先週の土曜日に読んだ漫画。サッカーや酒でやさぐれた体に、猫とコーヒーの日々はじんわりと優しくしみる。でもなんだかんだ言って一番興奮したのは、ぽーんと家を買っちゃうところでした。やっぱ金あるんだなーとか思って。

あと、余りにも出版されたのが前過ぎて、1巻と2巻がいったい本棚のどこにあるのか検討もつかず困っている。奥の方なんだろうな。