2007年9月アーカイブ

「微妙にURLだけ変わって再出発だ!」 応援ありがとうございました。biwacovic先生の次回作にご期待ください。移転先はこちら

http://www.kogumarecord.org/coyotenote/

Ain't a Damn Thing Changed今まで持っていなかったことを悔いる名盤かも。というか、かわいらしいアルバムである。なんで昔買わなかったんだろ?やっぱジャケが余りにもかっこ良すぎるからでしょうか。

そして「今夜はブギー・バック」はモロに"Cake And Eat It Too"なんですね。そしてNice & Smoothだから小沢健二がnice vocal でスチャダラがsmooth rapだったのですね。でももうそのブギーバックも発表されたのが1994年。恐ろしいことに13年前なのだ。

紙ジャケシリーズまた買ってしまった。1976年発表。1曲目のGet Up Offa That Thing/Release That Pressureは死ぬ程聴き続けられる名曲。今まで聴いてたバージョンよりもひたすら長い(9:18)のが気持ちいい。

ディラネスクちょっと前にテレビから「Just Like Tom Thumb's Blues」のヘンな(でもかっこいい)カバーが聴こえてきて、誰だろうと思ったらブライアン・フェリーだった。ブライアン・フェリーは以前に「It's All Over Now, Baby Blue」もカバーしてて、これもカッコ良かった。早速iTunes Storeで探したらなんと「ディラネスク」なんていう全曲ディランカバーのアルバムが出ていてその中の1曲目がJust Like Tom Thumb's Blues。All Along the WatchtowerとかAll I Really Want to Doとかも試聴してみて、もうしょうがないかと思って、アルバムごと購入。

軽快なアレンジで、お洒落オヤジがひたすらディランを歌うのはなかなかに新鮮で不思議な味わい。

チケットが売れてないと話題のオリンピック予選。今日の夕方には雨はあがるという予報を信じて昨日前売りを買った。前日の女子ワールドカップ、そして今日の朝の日本対スイス(録画で見た)、と立て続けに劇的なロスタイムゴールを見た後だったので、なんか日本サッカーの運を使い果たしちゃったかな・・という気がしながら国立のキックオフを迎えたわけだが、結果的にはロスタイムには何も起こらず、梶山のゴールを守りきって試合終了。

なんというか、不思議と予感が当たるゲームだった。最初の得点の時はなんとなくカタールの選手が散漫になっている感じだったので得点の予感がしたし、後半が始まる前には、もうこのまま1-0で終わるんじゃないかという気がした。まあ、レッドカードが出るという予感はなかったんだけど。

U20代表からの柏木、森島、内田が良かった。GKも良かった。水本、伊野波、青山の3人も安定している。梶山はやっぱりよく分からない。

雨があがったあとの国立競技場はすっかり涼しい秋の気配で、10年前、1997年の9月を思い出した。あの頃はフランスワールドカップの最終予選で、9月7日にウズベキスタンとのゲームだった。あの時ほどの熱心さはないけれども、それでもやっぱり今日のオリンピック代表は、色々言われてはいるけど彼らは彼らで頑張っているのだと思い応援した。勝ってよかったね。

やはり体格の差は大きくて、シンプルに縦に早いイングランドに押し込まれる日本女子代表。それでもなんとかフリーキックからとった1点を守りきるかと思われた後半残り10分に続けざまに2失点。もはやこれまでと思われたロスタイムのフリーキック・・・・なんと決まったよ凄いよ。すごいものを見ました。

あと、イングランドのK.SMITH選手が得点のたびにスパイクにキスするのが憎たらしくてたまらなかったのだが、荒川さんは相手をもっと色んな意味でイラつかせているような気がするのでお互い様かなと思いました。

前日のA代表の試合は録画で見た。PK戦があるなんて知らなくて、後半は早送りしながら見てたので、その日の午後、駅の夕刊紙に「オシム日本PK負け」という見出しが踊っているのを見てびっくりした。PKやるなんて珍しい大会ですね。

でもって、土曜の夜のオリンピック予選。夕方からフットサルやって、夜は酒飲んで、おまけに翌日の日曜は仕事に行くという厳しい条件の中、なんとかキックオフ時間に起きて観戦。いやー眠かったけど最後まで見たよ俺。

あまりにも暑そうで、あの中でサッカーやるのはさぞかしぼーっとするだろうな、と思いながら、普段からぼーっとしてそうな平山が森島に先発を奪われたのは無理もないと思った。あとは柏木とかも活躍しつつあるので、梅崎もそろそろ呼ばれるのかもしれないし、徐々にこのチームはU20代表に乗っ取られていくのかもしれません。

時の声

| | コメント(0) | トラックバック(0)

時の声 (創元SF文庫)J.G.バラードの「時の声」読了。去年"復刊フェア"として創元が入手困難だった本を復刊した時に買ったのだが、ずっと読んでいなかった。「音響清掃」がよかった。あと「深淵」も。魚が泳いでいるだけなのに、異様なまでに終末の光景がくっきりと浮かび上がるのがバラードのおそろしさ。

もともと、まったく見るつもりのなかった映画。Zガンダムの映画を張り切って見に行ったら最低な出来だったこともあり、もはやこのテのものはダメだろうという先入観があった。

で、いざ公開されてみると、思いのほか評判がいい。絶賛の声も大きい。じゃあと手のひらを返して見に行ったのである。しかも朝の9:00の回。渋谷のアミューズCQNは朝から満員。恐ろしいものを感じる。窓口でゼーレのピンバッチが貰えた。

映画の感想としては、多くのブログで書かれているようなことに概ね同意である。フィルムは新旧のツギハギではなくすべて新しく、細部にまで描きこまれた街並み、兵器、風景と、ナマナマしく動く使徒やエヴァはスクリーンでの鑑賞に十分耐えうる。そして微妙に変更された部分(僕は全部を覚えているわけではないのだけれど)が、次なる物語への興味をかき立て、まさにrebuildの名にふさわしい。もうさっさと次を見せて欲しいくらいである。

以下はエヴァンゲリオン/ヱヴァンゲリヲン という現象について。

エヴァンゲリオンを10年ぶりに見て思ったのは、そういえばこれは「戦いたくない人を戦わせる物語」であり、それはつまり「生きる理由がない人の為の物語」だったな、ということだ。(その意味では僕はこの「序」のエピソードあたりがこの作品の本質であり、意味ありげなゼーレだの人類補完計画だなんだというのは、どうでもいい背景に過ぎないと思っている)

ガンダムが提示した「リアルな戦争」=しょうがないから生き延びるためにがんばろう、そしてよりよい世界を築く為に/よりよい人生を生きるためにがんばろうという世界観は、エヴァンゲリオンによってより厄介な問題として再構築されてしまった。ガンダムには階級闘争や理念闘争という、もっともらしい「理由」によって登場人物たちは動くが、エヴァンゲリオンに登場する「使徒」が人類を攻撃してくる理由はまったく明らかにされないまま、ただ圧倒的な破壊力との戦いという形で物語が進行する。生まれた時から、特に頑張らなくても生きていけるし、理念のぶつかり合いなどどうやって起きるのか見当もつかない世代にとっては、あまりにも意味のない「頑張って」であり「逃げちゃダメ」を投げつけられる世界・・・碇シンジの世界こそが、それっぽい戦争SFよりもよほど現実的だったのである。(そしてそれは最終的に、テメエでなんとかしろよ、と放り出される。)そこでは、ひたすらに逃げないことが求められて、よくわからないままに数種類の類型的な美少女/美女の為にロボにのって必死に戦うことを続けなければならない。「序」のクライマックスであるヤシマ作戦というのは、結局はその役割をシンジ君が腹をくくって受け入れる、という部分がひたすらに感動的なのである。

なんで頑張らないといけないのか?という問いに答えてくれるのは(理念なき世界においては)欲望、エロス、そして宗教的なものくらいしかない。だからエヴァには萌えと世界の謎があちこちに仕掛けてある。

結局のところ、「さっさと次を見せて欲しい」というのは賞賛の言葉ではなく、僕にとっては極めて素直な感情の発露なのである。こんなものばっかり見ていても、いっこうに何も始まらないのではないか。謎を解いて欲しいと「物語」にすがりついても、もやは僕らは人から与えられる答えには満足しないだろう。「エヴァ」にくるまれて、振り回されても、本当に面白いことには辿りつけないのではないか。それは自分で探した方がいいのではないか。

もうわかった。「きもちわるい」という最強の一言で終わった10年前の映画版から、結局は同じなのだ。もっと違うバリエーションでの「きもちわるい」を吐きつけられたくてたまらないドMたちが、もっとはっきりと「きもちわるい」と言ってくれ、と要求しながらエヴァに迫っているのである。その光景は限りなく「きもちわるい」し、自分もその中の一人なのだ。なんとまあ、やはり人類は補完されたがっているのかもしれない。そしてそれが幸せなことなのかどうかは、誰にもわからない。

iPod touch

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Apple iPod touch 16GB予想通りの製品が発表されたわけで、ついふらふらっと予約注文してしまった。これでiPodは初代、mini、nanoと続いて4つめです。おかしいですよ、俺。

今日は台風で、傘がひっくり返った。

ロング・グッドバイシネマヴェーラ渋谷で「ユナイテッド・アーティスツの栄光」特集。ロバート・アルトマンの「ロング・グッドバイ」とウディ・アレン「マンハッタン」を見る。

<ロング・グッドバイ>
アルトマンのロング・グッドバイは実に洒落たアレンジを加えつつ、原作の空気はそのままの感じで再現され、おまけに結末はすっかり変更されている。優れた原作を持つ映画は、これくらいひねった方がいいのかもしれない。ヘタに原作との比較で評されたりしないし、映画の長さにストーリーの密度も合わせることが出来るし。

マーロウは猫を飼っていて、お隣がヒッピー女子の巣窟で、物真似の得意な守衛がいて、テリー・レノックスは・・・・・・のだ。これはこれで、一つの物語。

<マンハッタン>
美しく聡明な女子高生とつきあってる冴えない40男という設定だけでもファンタジーなのに、更にそこにダイアン・キートン扮するインテリ編集者とも恋愛沙汰になるのだから、どんだけウディ・アレンは都合のいい妄想を繰り広げることが得意やねんという感じであるが、よく考えれば多くの男や女は都合のいい妄想が大好きなわけで、誰かがそれを映画にする仕事を引き受けなければならないのかもしれない。それゆえに、映画監督とはやはり変態的な人物がなるべきなのだ。マンハッタン

松江哲明「童貞。をプロデュース」を見に行く。

松江哲明監督は、豊田道倫「グッバイメロディー」のビデオを見て、その余りにすばらしさに驚いたのが最初で、それ以来いろんな作品を追っかけているような気がする。ついに大きな劇場で公開となって、しかもシネマロサでは(祝)大ヒットということで、1週間公開が延長になったらしい。今日もほぼ満員でした。

見ての感想。実に面白かった。みなさまお誘い合わせの上是非どうぞ・・という映画である。

土曜日、公開初日に見た映画。ブラック・スネーク・モーン

クリスティーナ・リッチがセックス依存症の女で、サミュエル・L・ジャクソンが元ブルースマンで、今は農業やってるオッサン。家の前で捨てられていた半裸のクリスティーナ・リッチを、オッサンが拾ってきて鎖で繋いじゃって、監禁し更生させる(?)というお話です。(こう書いていているだけで、なんと異常な設定なのだろうとくらくらしてしまう)

クリスティーナ・リッチは基本的にパンツと破れた限りなく面積の小さいTシャツ姿で、ある意味あれは裸の大将とか長州力に通じるものがある「コスチューム」だと思った。

冒頭でサン・ハウスの映像が出てきたりするんだけど、どうやらこの映画はホンキで「ブルース」の映画であろうとしているようで、サミュエル・L・ジャクソンのギターと歌はかなり気合いが入っている。

セックス依存症/不安症という、リッチ演じる女性とその恋人は圧倒的な「病」に冒されているが、それはブルースの力で、そして鎖の力で癒されるだろう・・・ということを、こんな奇妙な物語にして表現するというのは、まったくどうかしていると思うが、この映画はなぜか成功しているような気がする。

ブルースは鎖を断ち切るのではない。鎖に繋がれながらもなんとかやっていけることを諭すのだ。そしてその鎖は我々を拘束し抑圧するが、同時に安全地帯につなぎ止めてくれる。やってられないと思うか、仕方がないさと思うか、それとも今日もギターを弾くか、それくらいしかこの世界には選択肢はない。

久々にホームで勝つところを見た。
国立は近くていいね。
赤嶺よかったね。
今野はいきいきとしてたね。
梶山もついでにいきいきとしてたね。

まあそんな感じでした。「恒例の帳尻合わせが始まった」とmurataさんが言うのもむべなるかな、である。

悶々日記

| | コメント(0) | トラックバック(0)

久々に日記を書く。より重くなったようなMT4に悩まされつつ、なぜか日記欲だけは消えない。

・とりあえずアップグレードの時に、パーマリンクが全部変わってしまったのはダサかった。うかつだった。とりあえず今の仕様は変える予定。ああもう。

・MTの再構築とか高速化もろもろには、いろいろ議論があるようなのでもう少し様子を見ようかなと。さっさとwordpressに移行するのもいいし、キレてブログサービスとかに行くのもアリと言えばアリかもしれないのだけど、いろいろ悶々とするもいいのかもしれない。なんとなく。

先週は飲み会が3回あって、ダイエットなんてもうどうでもよくなりかけたが、とりあえずまだ毎日食べたものを記録することだけは続けている。体重と体脂肪は行ったり来たりだが、微減傾向。

土曜日。映画の日なので朝から渋谷で映画を見る。タワレコでCD買って、家に一旦帰ってから国立へ。サッカーは勝ち。試合後は代々木でちょっと飲んで帰る。

日曜日。朝から晩まで仕事。でも基本的にだらだらとしてたな。仕事とはまったく無関係に、「エヴァンゲリオンの映画は意外にも評判いいらしい」ということに驚きながら。

以上、昨日の夜「ガキの使い」を見ていたら、嫁に「存在感が村上ショージに似ているね」と言われ、どうしていいかわからないbiwacovicがお送りしました。