ブラック・スネーク・モーン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜日、公開初日に見た映画。ブラック・スネーク・モーン

クリスティーナ・リッチがセックス依存症の女で、サミュエル・L・ジャクソンが元ブルースマンで、今は農業やってるオッサン。家の前で捨てられていた半裸のクリスティーナ・リッチを、オッサンが拾ってきて鎖で繋いじゃって、監禁し更生させる(?)というお話です。(こう書いていているだけで、なんと異常な設定なのだろうとくらくらしてしまう)

クリスティーナ・リッチは基本的にパンツと破れた限りなく面積の小さいTシャツ姿で、ある意味あれは裸の大将とか長州力に通じるものがある「コスチューム」だと思った。

冒頭でサン・ハウスの映像が出てきたりするんだけど、どうやらこの映画はホンキで「ブルース」の映画であろうとしているようで、サミュエル・L・ジャクソンのギターと歌はかなり気合いが入っている。

セックス依存症/不安症という、リッチ演じる女性とその恋人は圧倒的な「病」に冒されているが、それはブルースの力で、そして鎖の力で癒されるだろう・・・ということを、こんな奇妙な物語にして表現するというのは、まったくどうかしていると思うが、この映画はなぜか成功しているような気がする。

ブルースは鎖を断ち切るのではない。鎖に繋がれながらもなんとかやっていけることを諭すのだ。そしてその鎖は我々を拘束し抑圧するが、同時に安全地帯につなぎ止めてくれる。やってられないと思うか、仕方がないさと思うか、それとも今日もギターを弾くか、それくらいしかこの世界には選択肢はない。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブラック・スネーク・モーン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kogumarecord.org/mt/mt-tb.cgi/2608

コメントする

このブログ記事について

このページは、biwacovicが2007年9月 3日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京 3-1 神戸」です。

次のブログ記事は「童貞。をプロデュース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。