ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

| | コメント(0) | トラックバック(0)

もともと、まったく見るつもりのなかった映画。Zガンダムの映画を張り切って見に行ったら最低な出来だったこともあり、もはやこのテのものはダメだろうという先入観があった。

で、いざ公開されてみると、思いのほか評判がいい。絶賛の声も大きい。じゃあと手のひらを返して見に行ったのである。しかも朝の9:00の回。渋谷のアミューズCQNは朝から満員。恐ろしいものを感じる。窓口でゼーレのピンバッチが貰えた。

映画の感想としては、多くのブログで書かれているようなことに概ね同意である。フィルムは新旧のツギハギではなくすべて新しく、細部にまで描きこまれた街並み、兵器、風景と、ナマナマしく動く使徒やエヴァはスクリーンでの鑑賞に十分耐えうる。そして微妙に変更された部分(僕は全部を覚えているわけではないのだけれど)が、次なる物語への興味をかき立て、まさにrebuildの名にふさわしい。もうさっさと次を見せて欲しいくらいである。

以下はエヴァンゲリオン/ヱヴァンゲリヲン という現象について。

エヴァンゲリオンを10年ぶりに見て思ったのは、そういえばこれは「戦いたくない人を戦わせる物語」であり、それはつまり「生きる理由がない人の為の物語」だったな、ということだ。(その意味では僕はこの「序」のエピソードあたりがこの作品の本質であり、意味ありげなゼーレだの人類補完計画だなんだというのは、どうでもいい背景に過ぎないと思っている)

ガンダムが提示した「リアルな戦争」=しょうがないから生き延びるためにがんばろう、そしてよりよい世界を築く為に/よりよい人生を生きるためにがんばろうという世界観は、エヴァンゲリオンによってより厄介な問題として再構築されてしまった。ガンダムには階級闘争や理念闘争という、もっともらしい「理由」によって登場人物たちは動くが、エヴァンゲリオンに登場する「使徒」が人類を攻撃してくる理由はまったく明らかにされないまま、ただ圧倒的な破壊力との戦いという形で物語が進行する。生まれた時から、特に頑張らなくても生きていけるし、理念のぶつかり合いなどどうやって起きるのか見当もつかない世代にとっては、あまりにも意味のない「頑張って」であり「逃げちゃダメ」を投げつけられる世界・・・碇シンジの世界こそが、それっぽい戦争SFよりもよほど現実的だったのである。(そしてそれは最終的に、テメエでなんとかしろよ、と放り出される。)そこでは、ひたすらに逃げないことが求められて、よくわからないままに数種類の類型的な美少女/美女の為にロボにのって必死に戦うことを続けなければならない。「序」のクライマックスであるヤシマ作戦というのは、結局はその役割をシンジ君が腹をくくって受け入れる、という部分がひたすらに感動的なのである。

なんで頑張らないといけないのか?という問いに答えてくれるのは(理念なき世界においては)欲望、エロス、そして宗教的なものくらいしかない。だからエヴァには萌えと世界の謎があちこちに仕掛けてある。

結局のところ、「さっさと次を見せて欲しい」というのは賞賛の言葉ではなく、僕にとっては極めて素直な感情の発露なのである。こんなものばっかり見ていても、いっこうに何も始まらないのではないか。謎を解いて欲しいと「物語」にすがりついても、もやは僕らは人から与えられる答えには満足しないだろう。「エヴァ」にくるまれて、振り回されても、本当に面白いことには辿りつけないのではないか。それは自分で探した方がいいのではないか。

もうわかった。「きもちわるい」という最強の一言で終わった10年前の映画版から、結局は同じなのだ。もっと違うバリエーションでの「きもちわるい」を吐きつけられたくてたまらないドMたちが、もっとはっきりと「きもちわるい」と言ってくれ、と要求しながらエヴァに迫っているのである。その光景は限りなく「きもちわるい」し、自分もその中の一人なのだ。なんとまあ、やはり人類は補完されたがっているのかもしれない。そしてそれが幸せなことなのかどうかは、誰にもわからない。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kogumarecord.org/mt/mt-tb.cgi/2619

コメントする

このブログ記事について

このページは、biwacovicが2007年9月 8日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod touch」です。

次のブログ記事は「時の声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。