music: 2003年11月アーカイブ

土曜日の武道館、第2部について。
Hey,Hey,My Myからスタート。ラストのLike a Hurricaneまで1時間ほど。僕は2001年のフジロックでらライブを見逃してる訳で(裏のNew Order見てたから)、その分どうしても見たい!という思いが強かったらしく、Hey,Hey,My Myのイントロだけで泣けた。まあ、GreenDaleのセットで時間を使ってしまっている分、ダイジェスト版といった印象は否めなかったけど、とりあえず満足。でもやっぱり苗場のドデカい空間で聴きたかった気もする。武道館は音がやっぱり・・席もスタンディングじゃないし。

「見張り塔からずっと」もやった。「Powderfinger」良かった。「Like a Hurricane」短かくて残念・・とか色々あるけど、クレージーホースの演奏はやっぱり素晴らしく魂こもってる感じがして、しびれたのです。技術の巧拙を超えて、人の心に届く音。暴走するギター。ハーモニー。天から降臨するキーボード、脱ぎ捨てられるニールの帽子。全てが良かった。以下は参考までにリンク。

Live Rust

Live Rust

Weld

Weld

Little Love and Affection

| | コメント(0)

がニール・ヤングのGreendaleのテーマなのだろう。

土曜日の武道館。第1部について少し。

Out Of The Blueのレビューにもそんなことが書いてあった。昨日のライブで感じたのは、「見えない敵」を告発するのではなく、「敵はそもそもいないのでは?」という思い。みんながLittle Love and Affection を持つだけで、世界は良くなっていくはずなのに、どうして世界は悪くなって行くのか?

巨大企業やアメリカ政府をどれだけ批判しようが、それを根底で支えているのは真面目な個人の生活であるという現実。ブッシュだってもしかすると結構イイ奴かもしれない。だからニール・ヤングは物語を作った。論文でも政策でもなく、架空の街で繰り広げられる「物語」を。おじちゃんも、カーマイケルも、JedもSun Greenも汚いマスコミも、みな特別な人間じゃなく、その中を生きる普通の人だ。僕らはその中でいつも、Falling From Aboveを聴きながらポーチに座っている。

ちゃちなセットと、ニールの歌に合わせた口パクで演じられる物語。事前に予習していったおかげもあって、英語が余り分からなくてもその世界に入って行けた。素晴らしい演奏と役者の人たちの演技。
自分も最近おじいちゃんが死んだから、おじいちゃんが死んでしまうところは余計に泣けた。

そして最後、大勢のダンサーたちの中で星条旗と日の丸が振られたのには猛烈な違和感を感じた。
だけどそれでいいのだと思う。ニール・ヤングは宗教家でも政治家でもなくロックンローラーなのだから。博愛と融和を歌いながら、悪魔性がどこかに潜んでいる。物語はそうやって進んで行く。

アコギ一本で演奏された"Bandit"が心に染みた。

Someday you'll find everything you're looking for

ニール・ヤング

| | コメント(0)

武道館でニール・ヤング&クレイジーホース。
本当に素晴らしかった。何度も泣いた。時間が出来たら詳しく書こう。

SUMDAY/GRANDADDY

| | コメント(2)
Sumday

Grandaddyの新作をアマゾンで買った。
なかなか良い。ニール・ヤング+ペイブメント+フレイミング・リップスって感じ。

某内輪の掲示板で、福岡、大阪のニール・ヤング公演に行ったツワモノの報告を読む。
第1部がGreendaleで、2部が普通のセットリストって感じらしい。
そうですか、なかなか良さそうじゃないですか。土曜日の武道館が楽しみになってきた。

Greendaleのあらすじって全然把握してないんですけど(輸入盤買ったし)、
簡単に教えてもらえそうなサイトとかないでしょうか。
英語力極小なんで、どっかにいい翻訳があがってるといいなあ。

LOVESEXY/PRINCE

| | コメント(0)
Lovesexy

うわ、やっぱり貼ってみるとインパクトあるなーこのジャケ。
なんとなく、画像リンク貼るのが楽しくなってきたので、ついつい調子にのってみました。
でも今聴いても素晴らしい名盤だと思う。

因みにAppleのiTunes Music Storeでは、CDのトラック数が1曲になっているのと同様、
アルバム全体で「1曲」と見なすらしく、つまり99セントで買えるらしい。
さすがプリンスだ、と思った。

SPIRITUALIZED来日

| | コメント(0)

[bounce.comの記事]

これは行きたい。まあ今から来年3月の予定なんて分かるわけないんだけど、
忘れないうちにチケットをとっておきたい。もうすぐ新作も出るみたいだし。

地味な名曲、A.M.180はこのアルバムに入っている曲。

Under the Western Freeway
イン・タイム ザ・ベスト・オブ・R.E.M. 1988-2003 (スペシャル・エディション)

買いました。R.E.M.のアルバムは全部持っているから、ほとんど知ってる曲だろうと思ったら甘かった。
レアトラックやライブ録音や、映画のサントラでしかリリースされてない曲など盛り沢山。

またちゃんと聴いてないけど、悪いはずがない。新曲がかっこいい。
今日はまさに"Bad Day"かもね。