music: 2004年6月アーカイブ

安い安い

| | コメント(0) | トラックバック(0)
I Want You

980円ってのはやっぱり魅力。こないだ勢いで買ってしまった。 I Want you
エロエロで、濃厚な音がひらすら攻めて来る。
いやーこんなに最高とは思ってなかった。

ぶっこわれたiPodで、ぶっこわれた毎日に、音楽は変わらず鳴っている。

To the 5 Boroughs

買ってから1週間以上たつけど、まだ飽きずに聴いてる。朝イチで電車乗り込む瞬間なんかが効果あり。いまや結構なオッサンだけど、渋みと同居するやんちゃな感じが非常によい。

FRF '04

やっぱり来た!最終日のグリーンのラストでしょう。うわわあああ。

ついでにジョニー・マーも来ないかな。
そういえば、先週の味の素スタジアムでの試合開始前。
ファンからのリクエストでエレクトロニックの"For You"かかってたね。
↓最高傑作。

Raise the Pressure
Uh Huh Her

最高。ザクザクとしたギターとベースの音。生の声。そして味付けは塩だけの料理のような潔いアレンジ。
彼女の作品では、↓このデモソング集が一番好きなのだけど、それに近い感じ。すごい。

4-Track Demos
Sonic Nurse

ジム・オルーク加入後のソニックユースは今イチだと思ってたんだけど、このアルバムはただただかっこいい。1曲目の"Pattern Recognition"ってギブスンの新作のタイトルそのままやん。まあそうゆうアルバムだってことだ。この世界のパターン認識についてギターの弦が震えながら語る音。

裸の王様

仕事から帰る途中に仕事の電話。ああもう最悪。明日どうなることやら。

「心の持ちようさ」と歌うJAGATARAの「もうがまんできない」を聴いて少し落ち着く。

こんなに嫌になって、日々こんがらがってる訳だが、それも心の持ちようさ。
自意識過剰になりすぎるとしんどいぞ、それも心の持ちようさ。
辛抱が必要さ。

それともこれは「お前らガマンなんてするなよ!」って歌なのかな?

今でもわからない歌だ。そこがいい。

Pixies DVD

| | コメント(0) | トラックバック(0)
Pixies

日本盤が出そうな気配がないので、Amazonで購入。
気絶するほどお金のかかってないミュージックビデオ。4人が岩場で走ってるのをスローモーションで映すだけで5分とか。ライブは素晴らしい。キム・ディールかわいい。でもこれだけビジュアルを捨ててるというかむしろビジュアルのヒドさを前面に押し出して勝負するバンドも希有だろう。ブラック・フランシス(本名はチャールズ・トンプソン三世)の最近の映像は素晴らしいハゲっぷりとデブっぷりなんだけど、もとがもとだけに衝撃はそう大きくもない。

Dボウイ、トム・ヨーク、ボノ、PJハーヴェイとかがPixiesの素晴らしさについて延々と語ってるドキュメンタリーも付いてるんだけど、悲しいかな字幕がないのはやはり俺には厳しいのだった。