music: 2005年5月アーカイブ

土曜の夜、新宿でこぐま更新係(生きてますよ!)と待ち合わせて下北沢はmona recordへ。Punkchillのライブ

当たり前だけど、バンドというのは、変わっていく部分と絶対に変わらない部分があるのだなあ、と今更ながらに思う。新曲が良かったですよ。貰ったCD-Rを帰宅してから聴いてみたらやっぱり良かったですよ、ええ。それは前の曲と比べてというんじゃなくて、今が(もっと言えば未来の方が)いいに決まってるじゃないかという、バンドに限らず人生においても稀有かもしれない良い状態の証拠とか記録であって、それはホントにいいことなのです。そして集中することについて。集中って大事やなあ・・とぽかんと口を開けて暮らしているような気分さえする我が身を振り返って考える訳です。(結局自分のこと書いてるなあ)

punkchill~Listening is not enoughも発売中です。

あと、打ち上げの酒席でdrawing4-5"long way to ROMA built in a day"という素晴らしいレコードのサンプル盤を頂きました。こちらも帰宅後に聴いてみたら、とても僕好みのアルバムで、酔っぱらってせっかくの営業用プレスを強奪したことを反省したのでした。すんません&ありがとう。

リバプールでビートルズ以外なんかあったっけ?という訳でThe La'sを聴いていたら音ログのジャケット表示が明らかにくるってて楽しい。
右側のコレですね→
なんのジャケットじゃ?

正しくはこれ。↓
The La's [UK Bonus Tracks]

ゆらゆらニューアルバム。タワレコで買ったら特典で携帯ストラップが貰えた。

sweetspot.jpg

最初聴いたときはピンとこなかったんだけど、徐々に効いてくる感じ。言葉がどんどんドロドロと溶けて行く。呪術のように言葉が繰り返されてこっちにやってくる。異様なムードでやってきて、気づけばその呪いの中。

「2005年世界旅行」の”アメリカ中国シンガポールタイインドキューバチリフランスウルグアイトンガコンゴアイスランドチェコ”って歌詞が素晴らしい。特にトンガコンゴのあたりが。

Foundation Steppers(紙ジャケット仕様)
NEW AGE STEPPERSの"Foundation Steppers"。このOn-Uの紙ジャケシリーズ、ついつい買ってしまう。内容もバッチリの心地よさ。この作品は一番普通のレゲエっぽいかも。

昼夜逆転してしまった月曜日の昼間も、これ聴けば気持ちよくベースラインにやられながら眠ることが出来る。

4523132712253.jpg

最近買って一番良かったCDがこれ。エイドリアン・シャーウッドによるON-U SoundのミックスCD。全31曲。ぶっとんでてひたすら気持ちのよい音の洪水。ちょっとi Podで聴くと低音が物足りない。自宅のコンポで大きめの音でかけるともう至福の時間になる。