music: 2006年7月アーカイブ

先月発売になったこのCD。未だに聴いているとドキッとする瞬間がある。昔のカセットテープ音源を集めた「グッバイ大阪」。(7月26日。FC東京がセレッソ大阪に大勝したこととは何の関係もないエントリです。)

今日も仕事の帰りにiPodをシャッフルしながら聴いていたら、盗聴コラージュの「家族旅行の」がかかって、何度も聴いたはずなのに、また初めて二人の会話を盗み聞きしているようなヘンな気分になった。ちょうどその時に葬儀場の前を歩いた。

今は2006年。インターネットで/携帯で、メールしたり、ブログ読んだりして、僕らは多くの友達たちと「なんとなく」繋がっているような気がしているけど、この録音を聴くとそんな「なんとなく」にいつの間にかすがってる自分たちもよくわかるような気がする。濃密にぐちょぐちょに人と関わるということ。それ(主に自分)を描くこと。そういうことをやり続ける人はあまりいない。僕は自分でそんなことしないかわりに、この録音を聴くのかもしれない。

グッバイ大阪