music: 2007年2月アーカイブ

NasのHip Hop Is Dead。一応買ったのでメモ。大絶賛のレビューとかって信用ならないなあと思うことしきり。ものすごくクオリティは高いけど、なんというかビックリするような感じではないので、過度に期待するもんじゃない、ということですね。でもゲストも豪華でかっこいいし、全体に誠実な感じだし、とりあえず文句は全然ないっす。

じゃあとりあえずNasのジャケットを並べてみよう。
1st。かわいい。
Illmatic

2nd。成長。
It Was Written

3rd。すげー。
I Am...

でもって今作で、王様はもう死んでしまって、次なる生を待つということでしょうか。。。
Hip Hop Is Dead

REVERB OVERDUBヴァーミリオン・サンズのREVERB OVERDUB。「ヴァーミリオン・サンズ」とは言わずと知れたJ.G.バラードの小説のタイトルだが、このバンドはイギリスの洒落たニューウェーブバンドではない。「関西アンダーグラウンド・シーンの重鎮達によるハードコア・ダブ・オーケストラ」らしい。(公式サイト

ドロドロのノイズと深いエコーと几帳面なリズムとノイローゼの詩とその他諸々の狂気を孕んだ音が録音されている。すごい。ずっと前からこんなバンドがあったらいいのにと思っていたような気さえするくらいだ。iPodのヘッドフォンではまったく太刀打ち出来ない音圧で、だからと言って家でデカイ音でかけていたら発狂しそうな音楽である。タワレコで買ったら特典(ライブDVD)がついてきた。ライブも強烈。

キミらはアホである
キミらはどうしようもないアホなのである
from "Ignorance Is Innocent"

サン・オブ・ア・リヒュージィータワレコの店内でかかっていて、余りにキャッチーな展開に「ベタベタなラップやなあ」と思いつつ買うつもりはなかったのだが、なぜか気付いたら買ってしまっていたCD。一曲目なんて、久石譲メロディーを彷彿とさせる美しいピアノに、強引なラップ(激情タイプ)がのっかり、サビは激甘の歌謡曲的コーラスという添加物だらけの危険なシロモノである。なんじゃこりゃ、と思いつつ、まあたまにはこんなの聴くのもいいかなという気になった。